日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?  > 3ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?

医学論文で考える自分改造計画

 大西睦子

自分改造計画その2:ボディーイメージを高める!

 そもそも自分を変えたい! と思うのは、今の自分に満足できない、自分がハッピーではないと感じるからでしょう。全く太っていないのに、「私は太っている、痩せたい、痩せれば幸せになれるのに」と思っていたり、他人から見たらとても魅力的なのに「私は年老いてみえる、若返りたい、そうすればみんなの注目を浴びるのに」と感じていたり。こうしたことを考えるのは、自己評価が低いことが原因です。

 最近、米国のメディアや医学専門誌では、「ボディーイメージ」が問題になっています。ボディーイメージとは、心に写る自分の姿です。例えば、自分の外見に関して信じていること、身長体重や体型に関して感じること、自分の体の動きについて感じていること、他人にどう見られているか想像することなどです。

 ボディーイメージには、ポジティブとネガティブなイメージがあります。ポジティブなボディーイメージを持つことは、自分の姿を正確に見つめて、自分自身の体を快適だと感じ、自分の見た目が良いと感じます。ただし、一般的にどんな人でも、目が小さい、顔が大きい、鼻の形が悪い、足が太い、胸が小さいなど、多少なりとも自分の外観について、何らかのネガティブなボディーイメージを抱き、悩みを感じているものです。

 ところが、常にこのようなネガティブなボディーイメージを持つ場合は問題になります。例えば、ボディーイメージへの不満は、体型を変えることに執着し、極端なダイエットをするなど、不健康な習慣につながる可能性が高まります。これらの習慣では、自分の理想的な体型を達成できず、失望、羞恥心や罪悪感が高まり、摂食障害のリスクが増加します。

 米国の国立摂食障害協会によると、ネガティブなボディーイメージを持つ人は、次のような傾向があります。

ネガティブなボディーイメージを持つ人の傾向
[1]自分の体型が自分が本来あるべき姿からかけ離れた体型であると認識
[2]自分以外の人間の体型は魅力的に感じるのに、自分のサイズや体型には魅力を感じられない
[3]他人の目を気にして、自分の体に対して羞恥心、不安や不快を感じる

 このような人は、摂食障害を発症するリスクが高まり、うつ病、孤独感、低い自尊心に苦しむ可能性が増えます。

■参考文献
The National Eating Disorders Association (NEDA)「What is Body Image?

 それでは、ポジティブなボディーイメージを持つにはどうすればよいのでしょうか?

 米心臓協会(American Heart Association:AHA)によると、 運動にはボディーイメージを改善する効果があります。さらに、運動はストレスを軽減し、緊張感から開放し、怒り、不安や抑うつをなくして、情熱や楽観主義を促す効果があるといいます。

 運動をした直後、「心地良い」と感じたことはないでしょうか?

■参考文献
The American Heart Association「Physical activity improves quality of life

 運動でボディーイメージが改善すると、ありのままの自分の姿を受け入れて、自分のことを大切にできます。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.