日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?  > 2ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?

医学論文で考える自分改造計画

 大西睦子

自分改造計画その1:減量する!

 手っ取り早く改造できるのは見た目だ。そう思う人は多いでしょう。そのために「運動して短期間で減量したい!」と思っていませんか? ところがインディアナ大学医学部のアーロン・キャロル教授がニューヨークタイムズ紙で示したのは、「減量には、運動よりダイエットの方がはるかに重要」だということでした。

 運動で消費されるカロリーは考えているよりはるかに少ないものです。例えば30分間のジョギングや水泳で消費されるカロリーは約350kcalです。週に2回運動するより、例えば糖入り炭酸飲料(例えばコーラ500mlは約225kcal)を毎日摂取していたところを週に3回断念すれば、ほぼ同じ分のカロリーを減らせます。実際、米国人全体の身体活動は高まっているというデータがありますが、肥満は相変わらず増加していて、アスリートの肥満も問題になっているほどなのです。

 アーロン・キャロル教授は、同紙において、以下の研究を紹介しています。

 まず子どもの身体活動と脂肪量との関係を調査した2011年の英国の報告によると、「子どもが活発であることが、子どもが不健康な体重ではないことを決める鍵ではない」ことが示されています。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Objectively measured physical activity and fat mass in children: a bias-adjusted meta-analysis of prospective studies.

 さらに大人を対象にした研究でも、「活発な人は、座りがちな生活を送っている人よりも余分な体重が増えにくい」ということを証明することは難しいのです。

 実際、「運動がどのくらい体重管理に影響するのか」という疑問に答えるためには、セロトニンやレプチンなどの「食欲を抑えるホルモン」や食欲を増やす働きのあるグレリンなどの「様々なホルモンの関与」を考慮しなければなりません。ところが、ウィスコンシン大学マディソン校の研究者らによると、ホルモンの総合的な影響は、完全には分かっていないのです。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Physical activity and weight control: conflicting findings.

長期間運動をしていても代謝が活発になるわけではない!?

 さらに、キャロル教授は、長期にわたって運動をすると、代謝が活発になることを否定しています。体重が減ると、多くの人は代謝が低くなります。驚くかもしれませんが、運動している人も運動していない人も、ダイエット中は安静時の代謝率が著しく低下しています。これが、ダイエット開始時は減量が簡単でも、時間がたつとだんだん難しくなってくる理由です。

 ただし、運動は何の役割も果たさないということではありません。ダイエットに運動を追加すると、より効果的であることを示す多くの研究があります。ブラウン大学のレナ・ウィング博士は、1999年に、それまでの鍵となる論文を解析したところ、わずかでありますが、減量のための運動に効果があることを示しました。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Physical activity in the treatment of the adulthood overweight and obesity: current evidence and research issues.

 運動には減量という目的を軽く超えるような、様々な利益があるのです。これについては、後述しましょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.