日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 断食って、ダイエットに効果はあるの?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

断食って、ダイエットに効果はあるの?

代謝が低下して太りやすくなる恐れも

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
「断食」「プチ断食」「ファスティング」など、一定期間食べ物を断つ方法が、体内のリセットやデトックスができる“健康療法”として、そしてもちろんダイエットに効果が出やすい方法として紹介されているのを目にします。果たして本当なのでしょうか?

 前回は、「結局一日に何回食べればいいの?」という話題でしたが、それでは、食べない=断食、という選択肢はどうなのでしょうか?

人間は誰しも毎日断食している

睡眠時間以外にも断食は必要か。(©subbotina/123RF.com)

 ところで、断食って試してみたことはありますか?

 実は人間は誰しも、自分の意思で選択しようがしまいが、自然に断食をしています。この断食は「睡眠」によるもの。断食は英語で「fast」といいますが、朝食「breakfast」は「fast=断食」を「break=中断」する、最初の食事という意味にもなっているんですね。

 さて、2009年に報告されたOECD(経済協力開発機構)のデータによれば、18カ国における1日の平均睡眠時間を調査したところ、1位はフランスの530分(8.8時間)、2位は米国の518分(8.6時間)で、18カ国すべての平均は、502分(8.4時間)でした。

 そのなかで、日本は17位で470分(7.8時間)、18カ国で一番短い国は韓国で469分(7.8時間)だと報告されています。

 ですから、個人差はあっても、私たち人間は誰もが毎日、7~8時間くらいの断食をしているのです。

■参考文献
SOCIETY AT A GLANCE 2009: OECD SOCIAL INDICATORS - ISBN 978-92-64-04938-3 - (c) OECD 2009「Special Focus: Measuring Leisure in OECD Countries

 問題は、睡眠時間以外にも断食が必要かどうか? ということです。

 この答えを、まずは断食のさまざまな動機から考えてみましょう。

1.宗教

 断食は、古くから多くの宗教に取り入れられています。キリスト教の四旬節(2014年は3月5日~4月17日。現在は断食というより節食)、イスラム教のラマダン(断食月。2014年は6月28日~7月28日)、ユダヤ教贖罪の日(1日断食)のような特定の期間の断食。さらに仏教やヒンズー教などでも、断食が行われてきました。

2.抗議の手段

 例えば、マハトマ・ガンディーの、非暴力抵抗運動としての断食(ハンガーストライキ)は有名です。

3.医療行為

 胃カメラなどの検査前、手術前などの医療目的によるものです。

4.睡眠

 前述したとおり、自然な断食です。

5.健康

 減量、ダイエットなどの目的で行うもの。日本で関心が高いのは健康を目指したものですね。

 今回は特に、この5番目にあたる、断食がダイエットや減量に効果があるのかどうかを考えたいと思います。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.