日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 成績アップから問題行動抑止まで、「いっしょに夕食を食べること」がもたらすメリット  > 4ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

成績アップから問題行動抑止まで、「いっしょに夕食を食べること」がもたらすメリット

日本では「父親とほぼ毎日食べる」幼児はわずか34.6%

 大西睦子

日本では「父親とほぼ毎日食べる」5歳児はわずか34.6%

 以上、5つの理由を見てきましたが、コロンビア大学嗜癖物質乱用国立センター(The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University:CASA)の研究者らの調査によると、2007年は米国の10代の若者の59%が、少なくとも週に5回、家族と夕食を共にしていました。1996年(初めて、家族との食事が、物質乱用との関係が示された年)の51%から増加傾向にあります。また米国の10代の若者の84%が、家族と共に食事をすることを望んでいます。

 日本ではどうでしょうか?

 実は内閣府の調査によると、20歳以上の日本人で、夕食を家族とほぼ毎日一緒に食べる人は56.5%でした。また、日本栄養士会全国社会福祉栄養士協議会の調査によると、5歳児では、夕食を「母親とほぼ毎日食べる」子どもは89.7%でしたが、「父親とほぼ毎日食べる」子どもは34.6%ととても低い数字が示されました

■参考文献
The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University 「The Importance of Family Dinners IV
農林水産省「『孤食』や『個食』が増えている

 たしかに、競争社会に生きる現代人は、仕事、勉強や交遊などに忙しく、「子どもと一緒に夕食を食べること」が難しくなってきています。しかも日本では長時間労働がたびたび問題になっています。ワシントンポストでのフィシェル教授の言葉は、そんな日本人へのメッセージとさえ思えます。

「ほとんどの先進国では、家族が一緒に田畑で作業をしたり、楽器を演奏したりする時間はありません。だからこそ、夕食は家族が顔をそろえ、お互いの身に起きていることを理解し合うための、最も信頼性の高い方法なのです。毎日一緒に食事をすることは、でこぼこ道(=子どもや若者の危険な行動)を走行するためのシートベルトのようなものです。

 ただし、夕食を共にすることが良い効果を発揮するかどうかは、家族の関係性にもよります。ただ黙って座って食事をしたり、両親が大声で怒鳴り合ったり、子どもを叱るだけだったりする夕食には、ポジティブな効果はありません。

 また、子どもと両親が互いの身に起きていることを共有するためには、夕食に1時間はかかると思います。でもそうしたじっくりとる夕食の時間が、食卓から家族が離れたときにも、強い絆を生むのです」

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2016年3月24日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.