日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 加工食品は依存症になりやすい!?  > 3ページ目

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

加工食品は依存症になりやすい!?

精製された砂糖や炭水化物、脂肪の配合が依存性の原因だった

 大西睦子

研究対象の約92%の人に“やめたくても食べるのを止められない”食べ物がある

 また研究チームは、キャンパスで募集した18歳から23歳(平均19.27歳)までの学生120人(男性32.5%、女性67.5%。平均BMIは23.03)に対し、食物依存症の調査を行いました。

 研究対象の学生はまず、イエール大学の研究者らが作成した「Yale Food Addiction Scale(YFAS/イエール大学・食物依存症テスト)」という小テストを受けました。

イエール大学・食物依存症テスト
1 お腹がすいていないのに、ある特定の食べ物をつい食べてしまう
2 食べ過ぎると、疲れを感じて、動きが鈍くなる
3 ある特定の食べ物を食べないと、動揺や不安などの禁断症状が出る
4 食べることで、うつ、不安、自己嫌悪や罪悪感などの心理的問題が生じる
5 食べることが、仕事、勉強や休養を妨げる
6 食べることで、感情や身体に問題が出ても、まだ同じものを食べ続ける
7 以前と同じ量を食べても、ネガティブな感情が続き、前のように楽しい気持ちにならない

 このテストには上記の質問を含め25項目があり、1から5のような質問に対しては、それぞれの質問に対し、以下から解答を選択し、それぞれに設定されたポイント(例えば上記の1の解答が1なら0ポイント、5なら4ポイントなど)を集計します。また、6、7のような質問に対しては、NO=0ポイント、YES=1ポイントと集計して、最終的な評価を出します。

イエール大学・食物依存症テストの回答選択肢(頻度)
1 全くない
2 1カ月に1回
3 1カ月に2~4回
4 1週間に2~3回
5 1週間に4回以上

 その結果、学生の約7%は何らかの食品に対し、食物依存症の条件を完全に満たしていました。さらに約92%は食べたいという願望が強く、やめたくても止まらない食べ物があることが分かりました。

 次に、さまざまな栄養成分を持つ35種類の食品の絵を用意し、2つを選んで学生に見せ、どちらが問題の多い食品だと思うかを選んでもらいました。そのうち18種類はケーキ、チョコレート、ポテトチップのような、加工度合いの高い食品。残りの17種類は加工されていない、バナナやニンジン、ナッツなどの食品でした。

 もちろん学生らが“問題”と指した食品のトップ10はすべて、加工度の高い食品が占めました。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.