日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > においの記憶はなぜ色褪せない?  > 2ページ
印刷

スゴイカラダ

においの記憶はなぜ色褪せない?

嗅覚の刺激は大脳に直接届く

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 さて注目は、電気シグナルが伝わる先。人間が持つ5種類の主な感覚(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)のうち、なぜか嗅覚だけ伝達ルートが違う。

 「ほかの4種類のシグナルは、まず脳の視床という場所に届き、そこで情報をある程度整理・統合したうえで大脳へ送られます。でも嗅覚のシグナルは視床を通らず、ダイレクトに大脳へ流れ込むのです」

図2◎ におい成分の種類によって興奮する細胞が違う
[画像のクリックで拡大表示]

 情報を整理・統合するというのは、価値が低いものを捨てたり、一部をデフォルメしたり、似たようなものをまとめること。そうやって処理すればわかりやすさはアップするけれど、生のインパクトは減る。

 嗅覚という感覚は、人類の祖先が、洗練された情報処理過程を進化させるより前に身につけたものだという。だから太古のやり方そのままに、の刺激を大脳へ放り込む。それで、鮮明な印象が残りやすいと考えられるそうだ。

人格の違いがにおいに表れる?

 ところで、人間にとって嗅覚はどんな意味があるのだろう? 人間は犬のように鼻が利くわけじゃないし、日常的な情報収集のほとんどを、目や耳に頼っている。旧式の感覚システムは退化してしまってもおかしくない気もするけれど…。

 「でもね、生まれて間もない赤ちゃんは嗅覚が命綱なのですよ」

 ほう? どういうことですか?

 「赤ちゃんは生まれた直後、まだ目が見えません。お母さんの乳輪腺が出すにおいを頼りに、おっぱいを見つけるのです」

 なるほど。原始的なしくみだからこそ、生まれた直後からフル稼働できるわけか。

 ちなみに、目と耳が不自由だったヘレン・ケラーは、「においで人格がわかる」と語ったことがあるという。人格の違いがどんなにおい成分を発するのかは謎だが、「もし興奮性の脳内物質がにおうとすれば、人の落ち着き度合いや精神状態が、においとしてある程度表れるのかもしれません」と外崎さんは話す。「視覚や聴覚に隠れて気づきにくいだけで、実は私たちも、嗅覚からそんな情報を受け取っているのかもしれませんよ」。

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.