日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > スゴイカラダ  > 「口がくさい!」は唾液減少が原因?  > 2ページ目
印刷

スゴイカラダ

「口がくさい!」は唾液減少が原因?

1日に1.5Lも作られる唾液は加齢やストレス、病気で減少してしまう

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 日常生活の中で、唾液量に大きな影響を与えるのが、食事。もう少し正確にいうと「よく噛むこと」だ。

 「食べ物をしっかり噛むのが、唾液を出す要件。食事をちゃんとしていなかったり、ろくに噛まずにのみ込んでいると、分泌量が減ります」

 するとどうなるか? 唾液には、(1)歯の再石灰化を促す(2)消化酵素で食べ物を消化する(3)抗菌作用で菌の繁殖を抑える─ という三つの大きな機能がある。唾液量が減れば、これらの作用が弱まってしまうことになる。

 この中で、自覚症状として気づきやすいのが(3)。「口の中にすみつく細菌、特に嫌気性菌と 呼ばれる菌は、口臭の原因成分を作っています。この菌が増えるとにおいが強くなるのです」。

 え、唾液が口臭と関係している?

 嫌気性とは、「酸素が嫌い」という意味。私たち人間は酸素を使って生きているので、酸素 =生命の基本と思いがちだけれど、細菌の世界には、酸素が苦手な菌も多い。そういう菌たちは、歯と歯ぐきのすき間の奥底のような、よどんで酸素がほとんど届かない所にすんでいる。

 食事をよく噛むと唾液が出てきて、口の中がすごい勢いで撹拌される。よどんでいた嫌気性菌のすみかにも、フレッシュな酸素と抗菌作用を持つ唾液が送り込まれる。すると嫌気性菌の増殖が抑えられ、口臭も出にくくなるわけだ。「日中は食べたりしゃべったりして唾液がよく出るので、嫌気性菌がおとなしい。夜間は唾液があまり出ないので、嫌気性菌が増えます。だから、朝の起き抜けは口臭が強いのです」

図2◎ 口臭予防は「噛む」こと。唾液を出せば口臭が減る
図2◎ 口臭予防は「噛む」こと。唾液を出せば口臭が減る
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレスなどが原因で唾液が慢性的に減ってしまう「ドライマウス」でも、口臭は典型的な症状の一つ。お口のにおいが気になる人は、「唾液をしっかり出す」ことが大事なのだ。

 だけど、ちょっと待って。マスクやハンカチなど、唾液が染みたものってけっこうにおいますよ。唾液がにおいを抑えるというけれど、矛盾していませんか?

 「ああ、あれは、マスクの上で菌が繁殖したのです。唾液は無臭です」

 唾液は、お口の健康を保つのに不可欠な存在。大切なのです。しかもにおいません。

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.