日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > スゴイカラダ  > お腹が空くと甘いものがおいしいワケ  > 2ページ目
印刷

スゴイカラダ

お腹が空くと甘いものがおいしいワケ

味覚の一番大事な役割は有害物を感知することだった!

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

味覚の一番大事な役割は有害物を感知することだった

 精巧なシステムに思える味覚だが、ほかの感覚と比較すると、アバウトな側面もあるという。

 「嗅覚と比べれば、味覚は大雑把と言わざるを得ません。何しろ嗅覚は、300種類以上の受容体を備えているのです」

 300種類! それだけの数の受容体があれば、理論的には300種類のにおいを嗅ぎ分けられる。とてつもない分別能だ。

 もちろん味覚も、5種類の受容体を最大限に駆使して頑張っている。例えば甘味受容体の表面には甘味成分がつく部位が複数あり、どこにくっつくかで甘さの微妙な差を見分けるという。

 1つの受容体が違う味を区別するのはすごいことだろう。でも300種類と比べたら桁が違う…。

 「味覚と嗅覚は、もともと役割が違うのですよ」と日下部さん。「生き物にとって本来、嗅覚は、遠くの食べ物や敵を感知する感覚。だから、においの元を精密に区別することに意味があります。一方、味覚は口に入れたものが相手なので、リンゴとナシが区別できなくても、生きていくうえではそう問題ではない。でも腐ったリンゴは、絶対に判別しなくてはいけません」

 毒物や腐敗物はたいてい、酸味や苦味を帯びている。それを感知するには、微妙な差を見分けるより、一括りに「毒だ!」と感じるほうがうまくいくのだ。

 なるほど~、今の私たちにとって味覚は、食べ物を楽しむためのものだが、その起源は、命を守るメカニズム。味覚が五つの基本味という〝大雑把〟な方式になったのも、元をたどれば生き残るためだったということか。

体に必要な栄養はおいしい! 体調によって味が変わる

図2◎ 空腹のときは甘味がおいしい
図2◎ 空腹のときは甘味がおいしい
空腹時と満腹時では、甘味の感受性が変化する。空腹のときは、脳内の内因性カンナビノイドの作用で甘味の感受性が高まる。満腹のときはレプチンというホルモンの働きで、甘味の感受性が低下するため、あまりおいしくない。
[画像のクリックで拡大表示]

 さて、残った3つの基本味=甘味、うま味、塩味はどれも、体が必要とする栄養成分の味だ。実はここにも、生き物が生きていくために身につけた、見事な性質があるという。

 「体が必要な栄養は、おいしいと感じるのです」

 例えば空腹で体がエネルギー不足のときは、脳内物質の作用で甘味の感受性が高まる。すると甘いものがおいしく感じられ、食が進む。満腹になると今度はレプチンというホルモンが働き、甘さの感受性が鈍る。

 「体の要求に耳を澄ませば、必要な栄養がおいしく食べられる。昔から言われる通り、“空腹は最高のソース”なんですよ」

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.