日経グッデイ

スゴイカラダ

腸の中からカラダを変える「腸内細菌」とは?

菌のバランスによって体質が変わることも

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

お腹のために、ヨーグルトや納豆を食べている人は多いはず。より正確にいうと「腸内細菌のため」ですね。 健康を支える仲間として、今やすっかりおなじみの腸内細菌ですが、意外と知られていないことも多いようです。 腸の中に1000兆個もすんでいるといわれている腸内細菌の素顔に迫ってみましょう。

 「腸内細菌」は、腸の中にすみつく細菌。ビフィズス菌、乳酸菌などの名前は、今や誰でも知っているだろう。腸内細菌のエキスパート、理化学研究所イノベーション推進センターの辨野義己さんに、腸内細菌の素顔を教えてもらおう。

 まず、腸内細菌ってどのくらいいるの?

 「10年ほど前には、1人の腸に100兆個といわれていました。でも今はその5~10倍、500兆~1000兆個はいると考えられています」

 ちょっと待って。いきなりえらく増えたけれど、何が変わったのですか?

 「以前は、ウンチを培養して調べていたのです。でも、腸内細菌の80%以上は培養困難であることがわかりました。腸の中は無酸素状態。 微生物学の技術をもってしても育たない菌が多いのです」

 へぇ~、腸の中には酸素がないのか。今では、便の中から細菌の遺伝子を見つける方法が確立され、新しい菌がどんどん見つかっているという。

図1◎ 腸の中にすみついた無数の微生物 その実体は限りなく「体の一部」
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに人体の細胞総数は60兆個。これでも大変な数だが、腸内の細菌数はこれより一ケタ以上多い。果てしないほどの数なのだ。菌の種類も以前は100種類程度といわれていたが、今では1000種類以上と見積もられている。

菌の総重量は1.5kg!肝臓並みの重さがある

 菌は、腸のどこにすみついているのだろう?

 「腸の内視鏡写真を見ると、粘膜がヌメッとしていますね。あのねばねばが菌のすみか。菌の総量は1人分で1.5kgほどです」

 この重さは肝臓とほぼ同じ。肝臓は人体最大の臓器といわれるが、腸内細菌の総重量もそれに匹敵する。また肝臓は、1万種類以上の化学反応を行っているといわれるが、腸内細菌だって1000種類もいるのだから、同じぐらいさまざまな働きをしている可能性が高い。つまり 腸内細菌は、肝臓に匹敵する体内最大級の“臓器”なのである。

 菌の食べ物は、腸内を進んでくる消化物。菌ごとに好みが決まっていて、特定の菌はほぼ特定の成分を食べる。その菌の排泄物は別の菌の食べ物になる。その排泄物をまた別の菌が食べ、それをまた次と…いった具合に、1000種の菌は食べ物の連鎖でつながっている。

図2◎ 「君のウンチはボクの好物!」食の連鎖でつながる菌たち
[画像のクリックで拡大表示]

 連鎖の過程で発生する成分の一部が腸から吸収されて、体の健康に影響を与える。良い影響なら「善玉菌」、悪い影響なら「悪玉菌」と呼ばれるわけだ。

 「このほか、“日和見菌”と呼ばれるグループもいます」。日和見菌はその名の通り大勢に流れる性質の一群で、善玉菌が強いときはおとなしいが、悪玉菌が強くなると一緒になって悪さをし始める。数の上では、日和見菌が全体の約7割を占める。「3群の比は善玉2対悪玉1対日和見7ぐらいが理想。そんな状態なら、黄色がかったバナナ状のウンチがつるりと出ます」。

図3◎ 善玉菌が2割いれば日和見菌もおとなしい
[画像のクリックで拡大表示]

「太りやすさ」や「病気のなりやすさ」が菌のバランスで決まっている?

 菌のバランスは、体の状態に大きな影響を与える。「例えば肥満の人の腸の中には、特定の菌が多いことがわかってきました。よく“太りやすい体質”などといわれますが、こういう性質が、腸内細菌に左右されている可能性があるのです」。

 通常、体質という言葉は「生まれ持った性質」という意味で使われる。生まれつきなら一生変わらないが、もし腸内細菌由来の性質なら、食事などの影響で変化しうる。「体質だから」とあきらめていたことを、変えられるかもしれない。

 ところで体質という言葉は、病気のなりやすさにも使われることがある。病気にも腸内細菌の影響があるってこと? 「ええ、実際、糖尿病の人に多い菌が見つかっています。5000人以上の腸内細菌を調べてデータベース化すれば、菌の種類と健康の関係がわかる。菌を制御して病気を防ぐ方法も見えるはず」。

 そんな「腸内細菌プロファイル」の構築を目指し、辨野さんは今日も便のサンプルを調べている。

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)