日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > 腸の中からカラダを変える「腸内細菌」とは?

スゴイカラダ

腸の中からカラダを変える「腸内細菌」とは?

菌のバランスによって体質が変わることも

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

お腹のために、ヨーグルトや納豆を食べている人は多いはず。より正確にいうと「腸内細菌のため」ですね。 健康を支える仲間として、今やすっかりおなじみの腸内細菌ですが、意外と知られていないことも多いようです。 腸の中に1000兆個もすんでいるといわれている腸内細菌の素顔に迫ってみましょう。

 「腸内細菌」は、腸の中にすみつく細菌。ビフィズス菌、乳酸菌などの名前は、今や誰でも知っているだろう。腸内細菌のエキスパート、理化学研究所イノベーション推進センターの辨野義己さんに、腸内細菌の素顔を教えてもらおう。

 まず、腸内細菌ってどのくらいいるの?

 「10年ほど前には、1人の腸に100兆個といわれていました。でも今はその5~10倍、500兆~1000兆個はいると考えられています」

 ちょっと待って。いきなりえらく増えたけれど、何が変わったのですか?

 「以前は、ウンチを培養して調べていたのです。でも、腸内細菌の80%以上は培養困難であることがわかりました。腸の中は無酸素状態。 微生物学の技術をもってしても育たない菌が多いのです」

 へぇ~、腸の中には酸素がないのか。今では、便の中から細菌の遺伝子を見つける方法が確立され、新しい菌がどんどん見つかっているという。

図1◎ 腸の中にすみついた無数の微生物 その実体は限りなく「体の一部」
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに人体の細胞総数は60兆個。これでも大変な数だが、腸内の細菌数はこれより一ケタ以上多い。果てしないほどの数なのだ。菌の種類も以前は100種類程度といわれていたが、今では1000種類以上と見積もられている。

菌の総重量は1.5kg!肝臓並みの重さがある

 菌は、腸のどこにすみついているのだろう?

 「腸の内視鏡写真を見ると、粘膜がヌメッとしていますね。あのねばねばが菌のすみか。菌の総量は1人分で1.5kgほどです」

 この重さは肝臓とほぼ同じ。肝臓は人体最大の臓器といわれるが、腸内細菌の総重量もそれに匹敵する。また肝臓は、1万種類以上の化学反応を行っているといわれるが、腸内細菌だって1000種類もいるのだから、同じぐらいさまざまな働きをしている可能性が高い。つまり 腸内細菌は、肝臓に匹敵する体内最大級の“臓器”なのである。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.