日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > 細胞内をリサイクルする仕組み「オートファジー」の不思議
印刷

スゴイカラダ

細胞内をリサイクルする仕組み「オートファジー」の不思議

細胞内で生じる“ゴミ”を分解して再利用

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。その授賞理由になった「オートファジー」についての解説記事を掲載いたします。

突然ですが問題です。人間の体は何で作られているでしょうか? 一番量が多い成分は水ですが、体の構造や機能を支えているのは、たんぱく質。体を作る最も主要な素材です。大事なものは大切に扱う。だから体はたんぱく質をリサイクルして大切に使っています

アミノ酸は貴重な資源
壊したたんぱく質は再利用される
体の中のたんぱく質は、常に合成と分解を繰り返している。その量は1日約200g。つまりたんぱく質の材料供給源として、分解からのリサイクル量は、食事からの摂取量(1日約70g)より多い。(イラスト:江田ななえ)
[画像のクリックで拡大表示]

 食べ物で食べるたんぱく質は、体を作る材料になる。だから毎日きちんと食べましょう--というお話は、皆さんどこかで聞いたことがあると思う。これはもちろんその通り。

 でも、実は私たちの体内には、食事を上回る量の"たんぱく源供給元"があるという。それが「オートファジー」だ。

 東京大学医学部教授の水島昇さんによると、「オートファジーは今とてもホットな研究分野。医学や生物学の教科書が書き換えられつつあるのです」という。そのホットなお話を聞いてみよう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.