日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > スゴイカラダ  > 遠くを見ると眼の疲れが取れるのはなぜ?  > 2ページ目
印刷

スゴイカラダ

遠くを見ると眼の疲れが取れるのはなぜ?

目の疲れはピント調節する筋肉の凝りが原因だった

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

パソコン疲れは眼の筋肉の“凝り” 焦点距離を動かしてほぐす

 さて、現代人の疲れ目の原因といえば、すぐ思いつくのがパソコンやスマホだろう。

 「見つめる距離がずっと一定なので、毛様体筋が硬直してしまうのです。いわば眼の“凝り”といえるでしょう」

 じゃあ、毛様体筋をゆるめればラクになる?

 「もちろん。遠くと近くを両方見るのが、眼本来の姿。近くばかり見るから凝るのです」。

図2◎ 眼のピントを合わせるたびに眼内の筋肉が伸縮する
網様体の緊張と弛緩
[画像のクリックで拡大表示]

 福与さんがすすめるのは、眼の前にかざした手と遠方の景色を、1秒間隔ほどで交互に見つめる方法。やってみると確かにスッキリする。眼の中の巡りが良くなった気もしなくもない。

 この方法の真の狙いは「眼の老化予防」だという。「年を取ると水晶体が固くなって毛様体筋が動きにくくなります。これが老眼ですが、その結果、眼内の循環が滞り、白内障などが発症すると考えています」。

 では“近くと遠くを見る”をやっていれば、老眼も防げる?「発生は遅らせると思いますよ。私も毎日やってます」と話す福与さんは、50歳を過ぎても裸眼で新聞をラクに読めるそうだ。

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.