日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > 遠くを見ると眼の疲れが取れるのはなぜ?
印刷

スゴイカラダ

遠くを見ると眼の疲れが取れるのはなぜ?

目の疲れはピント調節する筋肉の凝りが原因だった

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

抜けるような青空の果てを眺めていると、ふ~っと体がゆるむ。そんなときってありますよね。あれは、心のリラックス作用だけじゃないようです。実際に眼の中の緊張が、ほぐれるのだとか。そんな気持ちよさには、さらに思わぬうれしい副産物もついてくるらしいですよ。

目の疲れ/イラスト:江田ななえ)
(イラスト:江田ななえ)

 最近、疲れていませんか?こう聞かれて「いいえ全然!」と胸を張って答えられる人は、今どきほとんどいないと思う。お疲れさまです、お互いに。

 では、疲れているのはどこ?と聞かれたとき、真っ先に名前が挙がりそうなのが「眼」。

 眼はものを見る器官だ。外界の光が網膜上に像を結ぶことで、「見る」プロセスが始まる。

 「そのためには、光の通り道が透明な必要があります」と話し始めたのは、福与眼科医院院長の福与貴秀さん。「普通、体の中で栄養を運ぶのは血液ですね。でも眼は透明であるために、血液を入れられないのです」。そこで眼は「房水」という“透明な組織液”を準備したという。

眼球の中にも“心臓”があった?

 房水が巡っているのは、眼球の前部。このあたりには、カメラのレンズにあたる「水晶体」や、絞り装置(光量調整)に相当する「虹彩」といった繊細なパーツが密集している。房水はパーツを作る細胞に栄養を供給し、はき出された老廃物を回収する。この循環が滞ると、水晶体などが濁ってしまうという。

図1◎ 繊細な眼球内のパーツに「房水」が循環して栄養を供給
目の断面図
[画像のクリックで拡大表示]

 「眼球は独立した循環系。全身の縮図ですよ」

 ほ〜、体の循環のミニチュア版ですか。それなら“心臓”はどれですか?とたずねると、待ってましたとばかりに福与さんは語り始めた。

 「私は、『毛様体』が心臓役だと考えています」毛様体は、水晶体と眼の外枠をつないでいる部位。中に「毛様体筋」という筋肉がある。眼のピントを合わせる筋肉だ。近くを見るときは収縮して水晶体を厚くする。遠くを見るときはゆるんで水晶体が薄くなる。

 「1日に何百回も伸縮する忙しい筋肉です」

 一方で毛様体は、もう一つ大切な仕事をしているという。それが、「房水」を供給すること。眼内の循環液は、毛様体からわき出ていたのだ。

 「よく“ふくらはぎは第2の心臓”などといいますね。血液循環では、ふくらはぎの筋肉が歩きながら伸縮してポンプ機能を果たします。同様に眼の中では、毛様体筋がピントを合わせながら、ポンプ役も担っているのだと思います」

 なるほど。動く筋肉はムダにせず多目的に使う。実に効率がいい。

 「もっとも、“毛様体=ポンプ説”は、今の段階では仮説です。でも間接的な証拠はあります」と福与さん。それが、房水が外に流れ出る「シュレム管」だ。この管は、毛様体筋の伸縮に合わせて太さが変化する。すると房水の流出量が変わり、眼の中の水圧(眼圧)も変動するという。心臓の拍動とよく似た現象が、眼でも起こっているのは確かなようだ。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.