日経グッデイ

スゴイカラダ

食べながら息ができるのはのどちんこのおかげ

のどちんこは鼻と口とを仕切り、「呼吸」「飲食」「発声」に重要な役割を担っている

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

口の奥にぶら下がっている、のどちんこ。何かの役に立っているのでしょうか。実は、人間が生きていくうえでとても大切な役割を担っているそうです。「呼吸する」「食べる」「言葉を話す」といったことをするとき、のどの奥で何が起きているのでしょうか…。

食べながら息ができるのはのどちんこのおかげ
(イラスト:江田ななえ)

 今回は、“のどちんこ”に注目したい。「なんでまたそんなテーマを?」と思うかもしれないけれど、実は人間ののどは、ほかの動物と比べたとき、ずば抜けて繊細な動きができるように発達しているという。「呼吸する」「ものを食べる」「言葉を話す」といった全く異質の機能をこなすには、のどちんこを含めたのどの構造が、非常にデリケートに動く必要があるからだ。

 「のどちんこ博士」として知られる、大阪大学大学院教授の古郷幹彦さんは、「のどは、人間が生きていくのに欠かせない最重要器官の一つといっていいでしょう」と断言する。

食べ物をのみ込むときは肺の“フタ”が閉じる

 のどは、鼻腔(鼻の中の空間)と口腔(口の中の空間)が合流する場所だ。鏡の前で口を大きく開けて「アーッ」と声を出すと、のどちんこが持ち上がって、奥の壁が見えるだろう。その上のほうへ、鼻へ至る通路がつながっている。

 「鼻と口が仕切られているのは、ほ乳類の特徴です」。ほ乳類以外の生き物、例えばカエルは、外見上は鼻の穴が口と別にあるけれど、内部には仕切りがない。だから口の中が食べ物でいっぱいだと息ができないので、ゆっくり噛んでいる暇がなく、常に一口でのみ込んでしまうという。

 「呼吸ルート(鼻)と食べ物ルート(口)が仕切られているから、人間はゆっくり味わいながら呼吸できるのです」

図1◎ 「呼吸ルート」と「食べ物ルート」 2つの経路がのどの奥で交錯する
「呼吸ルート」と「食べ物ルート」 2つの経路がのどの奥で交錯する
[画像のクリックで拡大表示]

 もっとも人間の場合も、仕切りがあるのはのどまで。そこで二つのルートは合流し、1本の管(咽頭)になる。再び2本に分かれるのは10cmほど下がった地点、ちょうどのど仏の高さだ。ここから呼吸ルートは前方に枝分かれして肺に至る。後ろ側が、胃につながる食べ物ルートだ。

 つまり2つのルートは、途中に咽頭という“共通区間”があって、そこで通り道が交錯している。そのため、食べたものが鼻や肺へ入らないよう、舌やのどちんこ(軟口蓋)、気道のフタ(喉頭蓋)が絶妙のタイミングで動き、2つの機能を両立させているのだという。

のどちんこが動かないと言葉を話せない

 うーん、絶妙なのはわかるけれど、どうせなら「鼻から肺」と「口から胃」という2本の管が完全に別になっているほうが、何かと便利だったんじゃないでしょうか? 実際、ときどき食べ物が気道のほうに入ってむせることもあるわけだし…。

 「それでは言葉を話せませんね。人間が音声を使って言葉を話せるのは、ここでルートが重なっているからです」

 私たちは言葉を話すとき、肺が吐き出す空気を鼻と口に振り分けて、さまざまな音の響きを作り出しているという。例えば「パ」という音と「マ」という音を比べてみよう。発声するとき唇から息を吐き出すのは一緒だが、このときのどちんこがのどの奥にぴったりくっついて鼻に息が通らなければ「パ」、のどちんこが離れて息が鼻に抜けると「マ」になる。

 「のどちんこも唇も、発音しようと思っただけで自動的に動くでしょ? これは人間だけができる、非常に繊細な能力です」

 へぇ~言葉を話すときにも働いていたのか。実は大役を担っていたんだな、のどちんこ。

図2◎ 言葉を話すときにも働いていた“のどちんこ”
言葉を話すときにも働いていた“のどちんこ”
[画像のクリックで拡大表示]

 ところでこんな絶妙なしくみも、高齢になれば誰でも少しずつ衰える。特に、のみ込んだ食べ物が肺のほうへ入ってしまう「誤嚥(ごえん)」は、時に命に関わることもある重大な問題だ。

 「言葉をしっかりと話していれば、のどの構造がよく働きます。すると、年を取ってものみ込む機能が衰えにくい可能性があります」

 ほう、それは耳寄りな話だ。実際、アナウンサーや俳優が行う発声トレーニングは今、誤嚥を防ぐ可能性があるとして、介護の分野で注目を集めているという。取り組んで損はないですよ。

(出典:『スゴイカラダ』日経BP社 2014年4月発行)


北村 昌陽(きたむら まさひ)
科学・医療ジャーナリスト
北村 昌陽(きたむら まさひ) 1963年北海道生まれ。91年京都大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。専攻は生物物理学。92年日経BP社入社。日経メディカル編集部を経て、2000年より日経ヘルス副編集長に就任。ダイエット、エクササイズ、メンタルヘルスなどの特集や連載を担当。2009年退社。現在、医療・健康ジャーナリストとして活躍している。著書に『カラダの声をきく健康学』(岩波書店)がある。

『スゴイカラダ』(日経BP社)好評販売中

今、私たちの身の回りは、ものすごい量の「カラダにいいこと」を伝える情報であふれています。しかし、「カラダにいいこと」をするには、その背後に「カラダを大事にする気持ち」があってこそです。カラダは、自分自身をとても大切な、価値のあるものとして扱っています。その姿勢が、内臓や神経、ホルモンなどの働きぶりとして表れています。カラダのしくみそのものが、「カラダは大事だよ」と語っているのです。どうぞ、カラダのすごさ、知恵深さをじっくりと味わってください。「へー」「すごい」「なるほどねぇ」とうなずきながら読んでいくうちに、いつの間にか「カラダは大事だよ」というカラダからのメッセージが、あなたの中にも染み込んでいくと思います。──「はじめに」より改変

>>詳しくはこちら(Amazonのページにジャンプします)