日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > 最もコストのかからない暑さ対策は何?
印刷

スゴイカラダ

最もコストのかからない暑さ対策は何?

エアコンを使いたくなるのは“亀の甲羅干し”と同じだった

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

体には暑さの中でも体温を一定に保つよう、精巧なしくみが備わっています。汗をかいて、血流のバランスを調節して…。でも、それだけじゃないんです。汗と体温にまつわる繊細で巧妙なメカニズムを紹介します。

最もコストのかからない暑さ対策/江田ななえ
(イラスト:江田ななえ)

 体温調節というと、まず思いつくのは「汗」だろうか。汗が体表面から蒸発するときに熱を奪って、強力に温度を下げる。熱い地面に打ち水をすると涼しくなるのと同じ原理だ。

 ただ、そんなふうに水分を蒸発させて体温調節をする生き物は、人間ぐらいだという。

 「生き物にとって、水は貴重な資源ですからね。なるべくコストをかけないで調節する方法が優先されます」

 こう話を切り出したのは、早稲田大学人間科学学術院教授の永島計さん。なるほど。水分を消費する調節法はあとに取っておきたいわけだ。では、コストをかけないというと、どんな方法ですか?

 「体表面近くの血流を増やすほうが、手軽です。血管を拡張するだけで、何も失いません」

 私たちの体は、全身が皮下脂肪に覆われている。脂肪は熱を通しにくい素材なので、寒い季節にはこれがいわば〝断熱材〟として体温を保つわけだが、夏にはむしろ障害となる。

 そこで暑くなったときは、脂肪の外側にある皮膚血管を広げて、血流量を増やす。ここは外気温の影響を受けやすいので、熱を効率よく逃がすことができる。これだけで体温調節できれば、汗を出さずにすむ。

図1◎ 暑さに対応して対策を使い分ける
汗をかいて熱を放出/皮膚表面近くの血流量が増加
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.