日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > スゴイカラダ  > ストレスを感じた時に体の中で起こること  > 2ページ
印刷

スゴイカラダ

ストレスを感じた時に体の中で起こること

ストレスに対抗するために分泌されるホルモンとは?

 北村 昌陽=科学・医療ジャーナリスト

 これは単なる言葉の定義の問題ではない。実際にこういった多種多様なストレスに対して、体は「ストレス応答」と呼ばれる共通の防御反応を示すという。つまり、「季節外れの暑さ」「極度の空腹」「嫌な上司」は、どれも同様のストレス応答メカニズムを発動させる。もちろん個別の対応策もあるが(例えば暑さに対して体は「汗をかく」という対応を取る)、まずベースとして、どんなストレスが来てもとりあえずこうしておく、という“万能薬”的な対策を講じるのだ。

 「ストレス応答の中核を担っているのが、副腎皮質ホルモンです」。ストレスホルモンという、そのままズバリの別名を持つこのホルモンは、副腎から分泌される。

 ストレスホルモンが分泌されるまでの経路には、長い名前がついた複数の別のホルモンが関わっていてちょっとややこしいが、要するに脳がストレスを感じて発した命令が、いくつかの段階を経て副腎に伝わると、このホルモンが出てくる。

図2◎ ストレス応答に関わるのは「ホルモン」の連鎖と「自律神経」
ストレス応答に関わるのは「ホルモン」の連鎖と「自律神経」/スゴイカラダ
[画像のクリックで拡大表示]

 このホルモンが増えると、血圧や血糖値が上がって体の活動性が高まる。ストレスに対して何らかの対応をするために、体が準備するわけだ。

 「副腎皮質ホルモンは、普段からある程度、分泌されています」。通常の生活では、日中に増えて夜に減るというサイクルで変動している。「人間は昼に活動する動物なので、日中の活動性が高まるように働きます。夜行性のネズミではまったく逆です」。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.