日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!

ボクサーの減量とダイエットは全くの別物

 中野ジェームズ修一

「腹筋でお腹は凹むの?」「バランスボール、断食、サウナはダイエットに効くの?」……メタボが気になる中年男性の“ぽっこりお腹”を解消すべく、卓球の福原愛選手など日本を代表するトップアスリートの指導も行うパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一氏が熱血指導する!

汗を流しても脂肪が減るわけではない(©Imagehit Limited | Exclusive Contributor/123RF.com)

 「寒い日はランニングをしても汗をかかないからダイエット効果がない」「お腹を凹ますためにジムでのトレーニング後にサウナでしっかり汗を流す」などと考えたことはありませんか?

 汗をかいたぶんだけ「脂肪が燃焼した」「お腹が凹む」と思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、かいた汗の量と脂肪燃焼量は比例関係にありません。つまり大量に汗をかいたからといって脂肪がたくさん燃焼したわけではなく、逆に汗をほとんどかかなかったからといって脂肪が燃焼していないわけでもないのです。

 ですので、脂肪を燃焼したい場合、「厚着でランニング」「サウナで汗をたっぷり出す」というのは効率的ではありません。もちろん汗をかくことは気持ちが良いことですし、ストレス解消にもなるでしょう。脂肪燃焼の効率を考えた場合、必ずしも汗を絞り出す必要はないのです。

 ボクサーが減量のために厚着をして走り込んだり、ジムの室温を上げて汗を出して体重を減らしていたりする姿をテレビなどで見て、「減量=汗を出す」と思われているのかもしれません。しかし、ボクサーの減量と、運動をしていない人がお腹を凹ますためのダイエットはそもそも似て非なるものなのです。

 計量を目前に控えているボクサーの場合、日々の節制やトレーニングですでに体脂肪が落ちた状態からさらに減量しなくてはならないため、水分を抜いて一時的に体重を減らしているのです。サウナスーツのようなものを着ているのは脂肪を燃焼させるのではなく、汗を流して体内の水分を抜くのが目的。一般の方が水分を体内から出して一時的に体重を減少させても、意味がありません。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.