日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!  > 2ページ
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!

ボクサーの減量とダイエットは全くの別物

 中野ジェームズ修一

体温が上がりすぎると脂肪燃焼の妨げに

 人間の体の中には「リパーゼ」という脂肪を燃焼させる酵素があります。リパーゼの働きは体温が通常の状態よりも1~2度高いときに最も活性化するといわれています。たくさん着込んで運動をすると体温が上がりすぎてしまい、リパーゼの働きが悪くなって脂肪燃焼に適さない状態になってしまうわけです。

 サウナに入ることも同様で、脂肪燃焼の効率だけを考えると効果的ではありません。運動中は速乾性・通気性に優れたウエアを着て体温をコントロールし、暑くなったら上着を脱ぐ、といったことが重要です。

 また、運動時に水分をしっかりと補給することもポイント。脱水状態になってしまうと、脂肪の代謝効率は極端に低下してしまいます。注意したいのが、「のどが乾いた」と感じたときにはすでに脱水症状が起きているということ。のどの乾きを感じる前に水分を補給することが大切なので、運動前、運動中、そして運動後とマメに水分をとるようにして下さい。それから、冷たい飲み物はオーバーヒート状態にある体をクールダウンする効果もありますので、暑い時期は特に重要なことだといえるでしょう。

 補給する水分は水道水やミネラルウォーターで問題ないのですが、かなりの量の汗をかいた場合は、水だけを大量に摂取すると血中の電解質のバランスが悪くなります。電解質のバランスが悪くなると、体がけいれんを起こしやすくなったり、ひどくなると意識が朦朧(もうろう)としたりすることがあります。

 そこで活用したいのが、市販のスポーツドリンク。スポーツドリンクなら汗と一緒に体外に出されたミネラル分も補給でき、血中の電解質のバランスを整えることができます。

 「スポーツドリンクは糖分が多いから太りやすい」と思っている方もいらっしゃると思いますが、1日に何十リットルも飲むわけではないですし、心配するほどカロリーも高くありません。また、一般的なスポーツドリンクの糖度は8~12%程度なのですが、これは水分の吸収率が最も良いとされている数値。ある程度糖質が入っていないと、体内に水分が吸収されにくいのです。逆に糖度が高すぎても吸収率は下がります。例えば糖度が20~30%程度あるジュース類は糖度が高すぎ、水分の補給には向きません。

 仕事上、マラソンランナーに話を聞く機会が仕事上多いのですが、スペシャルドリンクの中身は普段飲み慣れているスポーツドリンクが多いようです。甘みが気になる場合はスポーツドリンクに水を混ぜる方もいらっしゃいます。飲みすぎはよくないですが、手軽に調達でき、バランス良くミネラルが入っているスポーツドリンクは便利なアイテムといえるでしょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.