日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 食事制限すると、お腹が凹まない!?  > 3ページ目
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

食事制限すると、お腹が凹まない!?

摂取カロリーの抑制には落とし穴が

 中野ジェームズ修一

たんぱく質をしっかり摂ることも重要

タンパク質を摂取して筋肉量を低下させないことが大切(©pixelbliss/123RF.com)

 ここまでは主に炭水化物についての話をしてきましたが、たんぱく質をしっかりと摂取することも非常に重要です。

 たんぱく質は筋肉を作る材料。10代や20代のうちはたんぱく質の量が少なくても筋肉を合成できるのですが、年齢が高くなるとたんぱく質から筋肉を合成する効率が下がっていきます。

 それでも筋肉量を低下させないためには、年齢が高くなるのに比例してたんぱく質の摂取量を増やす必要があります。体重や食べすぎを気にされている方は、肉や魚などたんぱく質の多い食品を敬遠してしまいます。もちろん過剰な摂取は禁物ですが、野菜が健康的で、肉が不健康などということはなく、重要なのはバランスなのです。

 食品中のたんぱく質の品質を評価するための数値に「アミノ酸スコア」というものがあります。そのスコアが100の食品だと良質なタンパク質を効率良く摂取することができます。鳥のササミ、マグロの赤身、鶏卵、牛乳などが挙げられます。

 また、たんぱく質を筋肉に合成するにはビタミンB群が必要で、ビタミンB群をもった食品と一緒に食べるとなお良いでしょう。例えばマグロの刺し身定食と玄米、牛ヒレステーキと玄米といった組み合わせは、たんぱく質を吸収するのにとても良いコンビです。筋肉量の低下は基礎代謝量が落ちるだけでなく、高齢者になったときに要介護状態になる恐れがあります。それを避けるためにも、たんぱく質の摂取と筋力トレーニングは重要だといえるでしょう。

 「たんぱく質の摂取が重要」という話をすると、プロテインで補うのはどうかという質問をよくされます。

 1日に必要なたんぱく質は、体重1kgあたり0.8~1.2g必要だとされています(かなりハードに運動される方でも体重1kgあたり1.8~2.0g)。そのぶんが食事で摂れているのであれば、プロテインで補う必要はありません。偏った食事ではなく、バランスの良さを心がけて食事をしていると、この数字をクリアするのは難しくないのです。

 例えば、朝食にご飯とみそ汁、魚か卵料理を食べる、昼食は定食、夕食に肉とサラダを食べるという典型的な食事をすると、1回あたり約20g、1日で60gのたんぱく質を摂取できます。ご自身の体重に0.8をかけた値が60を超えていなければ、それで十分。体重70kgの方であれば56ですので、偏った食生活をしなければ、十分なたんぱく質を摂ることができるわけです。必要なたんぱく質を摂れているうえにプロテインをプラスするとカロリーオーバーになり、太る原因になってしまうので注意が必要です。

 脂肪も過剰な摂取は問題ですが、体に必要なぶんは摂る必要があります。無脂肪乳と通常の牛乳を一定期間飲んでもらい、それぞれの体重の変化を比較する実験があったのですが、結果は「どちらも変わらない」というものでした。必要な範囲で摂ることはむしろ大切で、どんな栄養素でも摂り過ぎることが問題なのです。

 もちろん、体質に合わない、アレルギーを起こしてしまう、という場合は食べるものを制限する必要がありますし、糖尿病の方は糖質をカットしなければいけない場合もあるでしょう。その場合は必ず医師に相談してください。

 しかし、最近何かと敬遠されがちな肉や乳製品、炭水化物も必要な量を摂ることはとても大切。それらを極端にカットすることはダイエットに効果がないだけでなく、健康を損なう恐れもあるのです。

(まとめ:神津文人)
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)
フィジカルトレーナー/米国スポーツ医学会認定ヘルスフィットネススペシャリスト
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち) 卓球の福原愛選手など日本のトップアスリートだけでなく、高齢の方の運動指導も行う「パーソナルトレーナー」として活躍。日本各地での講演も精力的に行っている。近著に「なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか」(幻冬舎新書)など多数。
日経トレンディネット2014年3月18日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.