日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 「通販グッズ」で本当にお腹が凹むのか?  > 2ページ目
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

「通販グッズ」で本当にお腹が凹むのか?

“ラクラク”を強調するものは、「筋肉に負荷がかからない」ことも

 中野ジェームズ修一

ぶらさがり健康器が効果的!?

  少し女性寄りの商品かもしれませんが、ダンス系エクササイズDVDは消費カロリーを増やすという意味で効果のある通販グッズといえるでしょう。しっかりと体を動かし、有酸素運動をある程度の時間続けることになるので、結果的にお腹が凹むことにつながります。

 有酸素運動のツールとしては縄跳びなどもありますが、お腹が出ていて体重が重い男性にはあまりおすすめできません。体重があると着地するときのインパクトが大きく、膝や足首、足の裏などを傷めてしまう可能性が高いからです。

 それから、筋肉量を増やせる通販グッズでもお腹を凹ますことが可能です。筋肉量が増えれば基礎代謝量が上がりやすくなりますし、有酸素運動もより効果的なものになるからです。筋肉量を増やすためには、下半身や胸、背中などの大筋群を鍛えることが重要です。ということは、それらの部位を鍛えられる通販グッズはお腹を凹ますのに有効なものとなるわけです。

 昔からあって、みなさんがよく知っているアイテムだと「プッシュアップスタンド」がそれに当たるでしょう。胸を中心に腕周りの筋肉も鍛えられるので、筋肉量のアップが見込めます。もしかしたら商品のコピーには「お腹を凹ます」とは書いていないかもしれませんが、お腹を凹ますのに有効な通販グッズのひとつといえます。

6つに割れた腹筋と、厚い胸板は男性らしさを象徴する憧れの体型だが…。「メタボ腹をへこませるために腹筋運動を行っても、残念ながら、効果はほとんど期待できません」。(©Shao-Chun Wang/123RF.com )
[画像のクリックで拡大表示]

 ぶら下がり健康器も筋肉量を増やすことが可能なグッズ。もちろん、ぶら下がっているだけだと効果は小さいのですが、ぶら下がり健康器で懸垂をすることで背中の筋肉量を増やすことができます。背中の筋肉は大きいので、ここを鍛えられれば代謝しやすい体になり、内臓脂肪も減ってお腹を凹ますのに有効でしょう。

 それでは、下半身を鍛えられる通販グッズはどんなものがあるでしょうか。これもシンプルで昔からあるものですが、ダンベルやバーベルです。これらを使ってスクワットをすれば下半身の筋肉量を確実に増やすことができます。あとはチューブもうまく使えば、下半身や背中、胸の筋肉を鍛えられるでしょう。

運動の負荷の目安は「20回」

 胸や背中、下半身といった大筋群のトレーニングができる通販グッズを挙げてきましたが、トレーニングをより効果の高いものにするための「負荷」についてのお話をしておきます。

 負荷の設定は「その運動が20回できるかできないかくらい」を目安としてください。30回、40回と平気でできるような負荷だと、効率良く筋肉を作ることができません。その動作を20回続けることが簡単になってしまったら、より負荷の高いものに切り替えて常に20回が限界になるように負荷を設定していただければOKです。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.