日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 「通販グッズ」で本当にお腹が凹むのか?
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

「通販グッズ」で本当にお腹が凹むのか?

“ラクラク”を強調するものは、「筋肉に負荷がかからない」ことも

 中野ジェームズ修一

「腹筋でお腹は凹むの?」「バランスボール、断食、サウナはダイエットに効くの?」……メタボが気になる中年男性の“ぽっこりお腹”を解消すべく、卓球の福原愛選手など日本を代表するトップアスリートの個人指導を行うパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一氏が熱血指導する!

 テレビや雑誌、新聞などを見ていると、お腹を凹ますための通販グッズのCMや広告が出てきます。うたい文句を聞くとどれも効果的なように見えますが、内臓脂肪を燃焼させてお腹を凹ますことを考えた場合、実際に効果的なものもあれば、そうでないものがあるのも事実です。

 お腹を凹ますための通販グッズに興味があるということは、「脂肪を燃やしたい」「お腹を引き締めたい」というモチベーションを持っているということ。せっかくのモチベーションを無駄にしないためにも、効果的なグッズを利用して目標を実現してほしいと思います。努力したのに、方向を間違えたために効果が出ないのはとてももったいないことですから。

深夜テレビをつけると、「高い効果が期待できる」ことをPRした健康・ダイエット関連の商品が紹介されている。「内臓脂肪を燃焼させてお腹を凹ますことを考えた場合、実際に効果的なものもあれば、そうでないものがあるのも事実です」。(©belchonock/123RF.com )
深夜テレビをつけると、「高い効果が期待できる」ことをPRした健康・ダイエット関連の商品が紹介されている。「内臓脂肪を燃焼させてお腹を凹ますことを考えた場合、実際に効果的なものもあれば、そうでないものがあるのも事実です」。(©belchonock/123RF.com )
[画像のクリックで拡大表示]

「消費カロリーが増えるかどうか」がポイント

 この連載でも触れていることですが、腹筋運動だけではお腹は凹みません。お腹の脂肪を落としたいのであれば、摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすことが重要になります。摂取カロリーに関しては食事によるコントロールがメインなので、お腹を凹ます通販グッズは、消費カロリーを増やす手助けをしてくれるものでなければなりません。

 消費カロリーを増やすために最も有効なのは、ウォーキングやランニングといった有酸素運動です。ですので、ウォーキングやランニングへのモチベーションを上げてくれるもの、手助けしてくれるものは、効果のある通販グッズといえるでしょう。通気性・吸汗速乾性に優れたオシャレなウエアや、走った距離や速度を計測できる時計などが該当します。

 一方、有酸素運動の効果をアップさせてくれそうなアイテムで、実はこれに当てはまらないのが、サウナスーツや発汗を促すための腹巻きのようなもの。以前、「 汗をかく=脂肪が落ちるは勘違い! ボクサーの減量とダイエットは全く別物 」でも書きましたが、かいた汗の量と脂肪燃焼量は比例しません。汗をかくことはストレス解消にはなるかもしれませんが、脂肪燃焼のことを考えた場合、サウナスーツや腹巻きは効果的なものとはいえないのです。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.