日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 40代以上が危ない! 8割が20年後に要介護!?【中野ジェームズ修一】

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

40代以上が危ない! 8割が20年後に要介護!?【中野ジェームズ修一】

片脚立ちで靴下を履けないなら要注意

 中野ジェームズ修一

「腹筋でお腹は凹むの?」「バランスボール、断食、サウナはダイエットに効くの?」……メタボが気になる中年男性の“ぽっこりお腹”を解消すべく、卓球の福原愛選手など日本を代表するトップアスリートの個人指導を行うパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一氏が熱血指導する!

40歳以上の男女の5人に4人が将来に要介護となる“ロコモ予備軍”。(©kazoka30-123RF)

 みなさん、「ロコモ」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

 ロコモとはロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称で、「現在は自立できているが、近い将来、要介護になる危険性が高い症状を持っている状態、すでに要介護になってしまっている状態」を表します。

 厚生労働省が2003年から国民の健康づくり運動「健康日本21」という施策を行っているのですが、その第1次計画(~2013年2月)で目指していた目標のひとつがメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の認知向上でした。

 さまざまなキャンペーンが功を奏し、スタート時には2割程度だった認知度は最終的に9割まで上昇したそうです。もうみなさんメタボはご存じでしょうし、日々対策されている方も多いと思います。そして現在、健康日本21の第2次計画で認知度向上を図っているのがロコモなのです。

 「近い将来要介護になりますよ」といわれてもピンと来ない方が多いでしょう。実は40歳以上の男女の5人に4人がロコモ予備軍だといわれています。現在の40代が今のままの生活を続けると、約20年後、60歳になるころには筋肉や骨、関節など体を動かすための運動器が衰え、自立した生活が難しくなるということです。

ロコモ対策としての運動で心がけたいこと
ランニングやウォーキング、スクワットなどが効果的
習慣化して長く続けられるよう、スポーツクラブに通う
学生時代にやっていたスポーツを再開する
登山やゴルフだってもちろんOK
会社でランニングやトライアスロン、フットサルなどのチームを作る
「4階まで」は階段を使う

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.