日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 「生野菜はダイエットに効く」は本当か?  > 3ページ目
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

「生野菜はダイエットに効く」は本当か?

お勧めは「1日14品目摂取」というシンプルな食事法

 中野ジェームズ修一

「脂肪燃焼」食品に効果はあるのか?

 ところで、「脂肪燃焼サプリメントや脂肪燃焼飲料は効果がありますか?」とよく聞かれます。脂肪燃焼効果があるとされているサプリメントや飲料には、カロニチン、カプサイシン、カフェインなどが含まれていることが多いと思います。これらの成分はたしかに脂肪燃焼に対して何かしらの作用を及ぼすことが認められてはいます。しかし、脂肪を燃焼させることが目的なのであれば、ウォーキングをしたほうがはるかに効果は高いのです。

 それに脂肪燃焼効果があったとしてもほんのわずかなもので、食べたもののカロリーをチャラにできたり、摂取することでダイエットができたりするレベルではありません。こうしたサプリメントや飲料を摂取することで食べすぎないように意識を高められるなら良いですが、過剰な期待をすることは禁物です。

 脂肪燃焼を助けるようなサプリメントよりも、運動後はたんぱく質を摂取していただければと思います。運動時に損傷した筋線維が修復するには、たんぱく質が不可欠です。そしてたんぱく質が筋肉に吸収されるためには成長ホルモンが必要なのですが、運動後、特に筋力トレーニングをした直後の2時間程は、成長ホルモンが多く分泌されている状態です。

 この間にたんぱく質を摂取すると、成長ホルモンの作用によって筋肉の修復にたんぱく質が使われる割合が高まります。筋肉量を増やすことができれば、基礎代謝量が上がり、自ずとお腹が凹んでくるでしょう。

 ついでに触れておくと、「筋持久力」を高めるためには糖質のとり方が重要になります。人間は体内のさまざまな場所にグリコーゲンを蓄えていて、筋肉の中にも蓄えられています。この筋肉の中に蓄えられるグリコーゲンの量が筋持久力ということになります。

 運動を始めるとグリコーゲンの量が減っていき、これがなくなると“ガス欠状態”で動けなくなってしまいます。ただ実際にはその前に体の中でタンパク質を糖に作る変える糖新生という反応が起こり、ある程度食べなくても生命を維持できるのです。

 しかし「直のエネルギー源」である筋肉内のグリコーゲンの貯蔵量が多い人のほうが持久力は増します。そこで筋肉内のグリコーゲンの貯蔵量を増やす方法として、いったんタンクが空になるまで運動をし、その直後に糖質をとることが効果的といわれています。人にもよりますが、ランニングなどをしている人は20キロ程度の長距離を走った直後に糖質を多めにとるとよいでしょう。ランニングが趣味で筋持久力を強化したいと考えている方は、ぜひ試してみて下さい。

 繰り返しになりますが、特定の食品を完全に食べなかったり、そればかりを食べたりといった片寄った食事法やダイエット法はおすすめしません。それよりも、バランスの良い食事と適度な運動がお腹を凹ますこと、健康的な体を手に入れることへの近道なのです。

(まとめ:神津文人)

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん
フィジカルトレーナー/米国スポーツ医学会認定ヘルスフィットネススペシャリスト
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん 卓球の福原愛選手など日本のトップアスリートだけでなく、高齢の方の運動指導も行う「パーソナルトレーナー」として活躍。日本各地での講演も精力的に行っている。近著に「なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか」(幻冬舎新書)など多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.