日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』  > 1カ月で体重が2キロ以上落ちたら“失敗”!?  > 2ページ
印刷

中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』

1カ月で体重が2キロ以上落ちたら“失敗”!?

食べ過ぎた翌日のランニングが肥満解消に最適

 中野ジェームズ修一

脂肪燃焼はランニングから、「筋肉量を増やす」のが近道

 それでは、体脂肪になってしまったあとはどうすればよいのか。体脂肪を燃焼させるには、ランニングなどの「有酸素運動」が必要になります。

 体脂肪がつくとき、男性ならほとんどが内臓脂肪、女性なら皮下脂肪になります。

 有酸素運動を行った場合、内臓脂肪のほうが皮下脂肪よりも先に燃焼するので、男性のほうが体脂肪を落としやすいといえます。半面、内臓脂肪は生活習慣病と密接な関係があります。できるだけ早く燃焼させないと、生活習慣病になり得るので注意が必要です。

 有酸素運動によって効率的に体脂肪を燃焼させるには、「筋肉量」が重要。筋肉量の少ない人が有酸素運動を行っても脂肪燃焼量は低いので、筋力トレーニングで筋肉量を上げながら、有酸素運動を行う必要があります。

 「筋肉量を増やす」と聞くと、大変そうだと思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、普段から運動されてない方であれば、ランニングを始めただけで下半身の筋肉量が上がっていきます。スクワットなどを並行して行えばより効果的ですが、有酸素運動と下半身の筋力強化が兼ねられるランニングは、脂肪燃焼に最適な運動としておすすめです。

 ちなみに「ストレッチでやせられますか」と聞かれることがあります。

 人間の体の中にはリパーゼという脂肪を燃焼させる酵素があるのですが、ある運動や食品が脂肪燃焼に効果があると認められるためには、このリパーゼを活性化していることが証明されなければいけません。

 つまり、「ストレッチで脂肪が燃焼する」というためには、ストレッチでリパーゼが活性化していないといけないわけです。現在のところそういった証明はなされていないので、ストレッチだけでやせるというのは現時点では嘘ということになります。

 ただ、ストレッチがやせるために意味がないということではありません。

 活動量が低下して筋肉量が落ちてくると、筋肉は硬くなる傾向があります。硬い筋肉というのは筋線維が短いということなのですが、筋線維が短くなると関節の可動範囲が小さくなり、疲労物質がたまりやすくなります。

 筋肉の柔軟さが失われ、可動範囲が小さくなり、疲れやすくなると、1日の活動量がさらに減ってきてしまいます。今まで歩いていたところをクルマで移動したり、電車の中で立っていたところを座ったりするようになってしまいます。するとさらに筋肉量が低下し、柔軟性もなくなるという悪循環に陥ってしまうわけです。

 よって、「ランニングやウォーキングは少しハードルが高いから、まずはストレッチをして柔軟性を高めよう、可動範囲を広げよう」というという考え方は間違いではありません。運動を全くしていなかった人が筋肉の柔軟性を高めて疲れにくい体になれば、ランニングにチャレンジしやすくなるはずです。「ストレッチなら始められそう」ということなら、ぜひそこからスタートして下さい。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.