日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 疲労回復には「冷やす」「温める」をセットで!

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 疲労回復には「冷やす」「温める」をセットで!

その日の疲労はその日のうちに取ってケガを防ごう

 有森裕子=元マラソンランナー

 明けましておめでとうございます。皆さん、どのようなお正月を過ごされましたか?

 年明け早々私事で恐縮ですが、昨年12月17日、私が代表理事を務めるNPO法人「ハート・オブ・ゴールド」が、アスリートの社会貢献活動を表彰する「HEROs AWARD 2018」を受賞しました。授賞理由は、私たちが20年間にわたって取り組んできた、カンボジアにおける自立・復興支援活動です(関連記事「有森裕子 私がカンボジアで体育の先生を育てる理由」)。当日はわれわれだけでなく、赤星憲広さん(元プロ野球選手)、飯沼誠司さん(ライフセーバー)、長谷部誠さん(プロサッカー選手)など計6人・団体が同賞を受賞しました。

 スポーツの力を信じる多くの方々の支えによって20年間続けてきたカンボジアでの活動に光を当てていただき、とてもうれしかったですし、社会貢献に取り組むトップアスリートが増えていることも素晴らしいと思いました。

 2019年は元号も変わる変化の年となりますが、私の活動は今までと変わらぬスタンスで、一つひとつ地道に積み重ねていきたいと思っています。皆さん、今年もよろしくお願いいたします!

皆さんの今年のランニングの目標は?(c)yanlev-123RF

1年間、ケガなく健康に走ってほしい

 さて、年始に行われたニューイヤー駅伝や箱根駅伝で快走したトップ選手たちの姿に感化され、早速“初ラン”を楽しまれた方も多いと思います。

 2019年の“ランニング目標”は人それぞれだと思いますが、皆さんに共通する目標として私からぜひ採用をお願いしたいのが、「1年間、ケガなく健康に走ること」です。ストイックに走りすぎて故障してしまったり、日々のケアを怠って不調を招いてしまうと、ランニングと長く付き合っていくことが難しくなります。

 ケガなく健康に走り続けるためには、日々の疲労をその日のうちにとってしまうことが重要です。走りすぎによる疲労が蓄積していくと、思わぬケガにつながることが多いからです。「その日の疲労はその日のうちに」を合言葉に、ぜひ皆さんにお勧めしたいのが、「アイシング」&「温め」「冷温ミックス療法」です。

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.