日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 スランプに悩んだらエスカレーター利用をやめよう  > 3ページ目

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 スランプに悩んだらエスカレーター利用をやめよう

「トレーニングはこうあるべき」という固定観念からの脱却を!

 有森裕子=元マラソンランナー

 前回のこの連載でもお伝えしましたが、私は現役の頃から、トレーニングという概念を幅広く考えていました。今でも駅では階段を使うのが当たり前ですし、急いでいない限り「動く歩道」は使いません。地下鉄の1~2駅分は平気で歩きます(詳しくは「有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は『100回スクワット』」 参照)。

 階段を見つけたら、「あ、これはトレーニングになる! ラッキー!」と思って、有効に使える人ほど、日々の積み重ねが大きくなり、「仕事が忙しくてトレーニングができなかった…」というストレスを抱えることもなくなるのではと思います。

 さらにその日常トレーニングをパターン化すれば、基礎力が確実にアップし、週末などにしっかり走るときの練習に生きてくるでしょう。同じ階段の上り下りでも、脚が慣れてきたらスピードアップしたり、歩く距離を伸ばすなどして、強度を段階的に上げていくことができます。自分の筋力や体調に合わせて、適宜調整すればいいのです。こうした“日常生活のトレーニング化”は、地味ですが、スランプの壁を乗り越える何よりの原動力になるように思います。

 人はつい、最新メソッドが盛り込まれたトレーニングに飛びつきたくなるものですが、人間の体はそれほど進化していません。まずは基礎をしっかり鍛えることが大事です。何よりも、日常生活でこまめに体を鍛えていれば、ランナーであるかないかにかかわらず、健康を維持し、楽しく歳を重ねていくことができるでしょう。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

3/3 page

免疫
ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.