日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 私がカンボジアで体育の先生を育てる理由  > 3ページ
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 私がカンボジアで体育の先生を育てる理由

スポーツを通じた社会貢献について考える

 有森裕子=元マラソンランナー

次の目標は、カンボジアに4年制の体育大学を作ること

 私たちの地道な活動と、現地の教育関係者の熱意が実り、カンボジアの教育現場には体育を教えられる先生たちが育ってきて、体育教育も小・中学校に根付いてきました。

 今後の目標は、体育教育の専門家を育成する国の教育機関として、現在の2年制の専門学校を4年制の体育大学に移行し、教育者や体育教育専門家を育成するお手伝いをすることです。カンボジア政府も現在、教育改革に取り組んでおり、私たちの活動は、共にカンボジアに4年制体育大学を作るという新たなフェーズに入っています。

 こうした事業のほかに、毎年「カンボジアスタディツアー」を開催しています。アンコールワット国際ハーフマラソンに出場する前に、ツアーの参加者が「ニュー・チャイルド・ケア・センター」を訪問して現地の子どもたちと交流したり、子供の歯科検診や歯磨きサポートなどのボランティア活動を継続したりしています。

 障がい者スポーツ支援としては、「アンコールワット国際ハーフマラソン」で活躍した優秀な選手を「かすみがうらマラソン」に招へいしていますが、そのほかに2017年には、車いす選手を日本に招いて、岡山県のパラリンピアンに競技を学びました。そして2018年は、日本のパラリピアンにカンボジアに来てもらい、プノンペンの陸上競技場で、選手だけでなく指導者も学べるようなトレーニングセミナーを開催してもらいました。

 こうした活動を20年も続けてこられたのは、スタッフの皆が地道にがんばってきたからです。しかし逆に言えば、20年かかっても依然としてカンボジアは支援が必要な状況であることには変わりないということにもなります。最終的には、われわれの支援がなくても、カンボジアが教育者を育てる機関を持てるような、自立につながることが目標であり、そこまでサポートできればいいなと思っています。

 スポーツは人間の体と心を鍛え育むすばらしい手段です。だからこそ、現役のトップアスリートや、OBやOGたちは、スポーツにおける社会貢献にぜひとも賛同してほしいですし、スポーツを通じて得た経験を社会に生かしていただけたらと思います。そして、2020年の東京オリンピックの時だけでなく、それ以降も、アスリートの社会貢献活動がもっと広がればいいと思います。記録やメダルばかりに目を向けるのではなくて、社会を良くし、人を元気にできるスポーツの力を知っていただきたいですね。

カンボジアの小学校では運動会も始まりました。(写真提供:ハート・オブ・ゴールド)

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.