日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」  > 4ページ目

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」

地元開催の「おかやまマラソン2016」を完走して思ったこと

 有森裕子=元マラソンランナー

普段の生活は徹底的に「階段利用」、そして「歩く」

 以上、皆さんのお手本には決してならない、驚かれるほど簡単なマラソンの準備方法でしたが、現役から退いて9年、直前のスクワットや階段練習ぐらいで、これぐらいのスピードで完走できるのは、日々の生活の過ごし方も大きく関係しているように思います。

 引退後も体重はさほど増えていませんし、姿勢にも気をつけています。時間があれば地下鉄数駅分は気軽に歩きますし、キャリーケースのような大きな荷物を持っていても、エスカレーターではなく、必ず階段を使います。ホテルで係の方に大きな荷物を持ってもらうことも、基本的には遠慮しています。トレーニングのチャンスを奪われたくない、と思ってしまうのです(笑)。それが自分にとってごく当たり前の習慣なので、特に声高に言うことはないのですが、こうした日々の習慣の積み重ねが、実は基礎体力を落とさないトレーニングになっているのではないかと思います。

 マラソンのトレーニングは、考え方次第で、さまざまな形があり得ます。次号はその辺りについての私の考えをお話しできればと思っています。

 では、ランナーの皆さま、今年もこの連載を読んでくださってありがとうございました。少し早いですが、よいお年をお迎えください。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。

先頭へ

前へ

4/4 page

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.