日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」  > 3ページ目

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」

地元開催の「おかやまマラソン2016」を完走して思ったこと

 有森裕子=元マラソンランナー

41kmで脚がつりそうになるも、冷静に対処

フィニッシュ会場となった陸上競技場で、周りのランナーと手をつないで。
フィニッシュ会場となった陸上競技場で、周りのランナーと手をつないで。

 今回のレースでは、35kmまで4時間10分でゴールできるペースで走っていましたが、このままのペースで走ってしまうと一気に疲労が襲ってきて完走できないかも…という不安がよぎりました。そこであえてペースを落として調整しました。41kmを過ぎた辺りでは、膝上の大腿部(太もも)がつりかけたので、一旦止まりました。タイツを引っ張って脚を圧迫している場所を変えたり、深呼吸をしたりと、自分なりの“軌道修正”を行ったおかげで、脚のつりを免れました。

 もちろん疲労はありましたが、去年のように何度も立ち止まることはありませんでしたし、給水を頻繁に行い、何とか脚も持ちこたえ踏ん張れました。気持ちにも余裕があったのか、レース中も冷静に「後半のこの辺りはもう少し給水ポイントを増やした方がいいな」「声援は多いし、ボランティアの方も一生懸命やってくださっているな」「やっぱりきびだんごは人気だな」(笑)などと、周りを見渡すことができて、大きなケガなくゴールすることができました。もっとも、昨年は前面のゼッケンだけでなく背面のゼッケンにも大きく「有森裕子」という名前を入れていたため、たくさんのランナーに声をかけていただき、反応するのに精いっぱいだったのが、今年は背中には名前を入れず、ひっそり(?)走ったからかもしれません(笑)。

 来年はサブフォー、遅くとも4時間ぐらいでゴールできればいいなと思いますが、サブフォーを目指すなら、ジョギングの時間を増やし、せめて4カ月ぐらい前からスクワットを始めなければいけないでしょう。果たしてそれができるかは、分かりませんが…(苦笑)。

今年も備前焼の完走メダルをいただきました。
今年も備前焼の完走メダルをいただきました。
ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.