日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 1年ぶりのフルマラソン、好調の秘密は「100回スクワット」

地元開催の「おかやまマラソン2016」を完走して思ったこと

 有森裕子=元マラソンランナー

海外出張からの現地入り、2日前のジョグで不安に…

 さて、昨年の第1回大会は、私自身、現役を引退後8年ぶりにフルマラソンを走り、地元が一丸となって大会を成功させた達成感も相まって、ゴールでは感動の涙を流しました(「有森裕子 引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙」)。今年は、ちょっとした緊張感を持っての参加でした。

 というのも、大会前の約10日間は出張続きで、スイスでのIOC(国際オリンピック委員会)の会議を終えて、その足で岡山のホテルに入るという、ハードスケジュールだったからです。あまり体を動かせておらず、大会の2日前に30分ほどジョギングしたら、想像以上に疲れてしまって…。30分のジョギングがこれほど長いと感じるのに、フルマラソンなんて本当に完走できるのだろうかと、少し不安になったほどでした。

 用意していたシューズの底のクッションが思いのほか柔らかくて、足が沈む感覚が気になってしまい、急きょ地元のスポーツセンターに買いに行ったりもしました。相変わらず皆さんのお手本にはならないほどバタバタしながら、本番当日を迎えました(苦笑)。

笑顔でスタートラインに並びます(中央)。
笑顔でスタートラインに並びます(中央)。

 ところが…いざ蓋を開けてみると、昨年から約25分もタイムを縮め、4時間21分58秒でゴールすることができたんです。前回は20km付近で脚がつりましたが、今年はそうしたトラブルもありませんでした。

タイムを25分も縮めた秘訣は「スクワット」?

 マラソン関係のイベントを除き、普段はまったく走っていない私が、今年はどんな練習をしたのか、気になる読者の方もいらっしゃるかもしれません。が、昨年同様、大きな声で言えるほどのことはしていません。大会の1カ月ほど前から自宅マンションの階段の十数階分を上り下りして、数日ですがスクワットを加えました。家の中でマットの上に立って重りを持たずに、膝の角度が45度ほどに曲がるぐらい腰を落とすクウォータースクワット100回行います。この時に気をつけるのは、背中を丸めず、膝を曲げる方向とやや開いた足先の方向が同じであること。その後に階段の上り下りを行うと、足腰の筋肉をかなり使っている感覚がありました。

 100回スクワットをした初日はさすがに筋肉痛になり、「ああ、普段、こんなに筋肉を使っていないんだな」と現実を付きつけられる思いでしたが、3日連続して行うとかなり楽になりました。

 スクワットを実践したことで、明らかに昨年と違ったのは、足腰、膝周り、股、臀部の筋肉のどこにどう力を加えればいいのか、そして、体の重心に腰と膝をどう乗せれば走りやすいかということが感覚的に分かったことでした。

 特に膝周りと腰回りの筋肉の強化は改めて大事だと思いました。それらの筋肉が弱いと、距離を踏んで疲労がたまるにつれ、足腰全体ではなく、膝から下だけを使って地面を蹴ってしまいます。するとケガをしやすくなる。走り終えた時にふくらはぎや足首が痛くなる人、足がつってしまう人は、こうした傾向が強いので要注意です。

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣NEW

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.