日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 五輪の切符をつかむ選手に共通する「強み」とは

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 五輪の切符をつかむ選手に共通する「強み」とは

東京五輪マラソン女子代表2選手の強さの秘密

 有森裕子=元マラソンランナー

 大きな物議を醸した2020年東京五輪のマラソンと競歩競技は、東京の暑さを回避するために北海道札幌市で開催されることで決着しました(五輪マラソン札幌移転、「問題先送り」の大きな代償)。しかし、急な移転決定のため、日程やコースなどをめぐって国際オリンピック委員会(IOC)や、陸上競技を統括するワールドアスレティックス(世界陸連)との協議が難航し、準備が思うように進んでいないようです。関係者の皆さんのご苦労は計り知れないものがありますが、関係各所とのコミュニケーションをしっかり取りながら、選手たちが実力を発揮できるレースの開催を目指していただけるよう願うばかりです。

 一方、2019年9月15日に開催された「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(東京五輪マラソン日本代表選考会)で五輪代表に決まった男女上位各2人の選手は、札幌で開催されるレースに向け、既に気持ちを切り替えてトレーニングに励んでいることと思います。既に切符を獲得している選手は、そのアドバンテージを生かして、しっかり対策を練って準備していただきたいと思います。

自分のペースを守り抜くために必要なこと

 さて、前々回の当連載(MGCは「一発勝負」? 初の選考レースで見えてきたもの)では、男子選手のMGCの戦いを振り返りましたが、今回は五輪代表の切符をつかんだ女子選手の強みや、残り1枠を狙うために必要なことについてお話ししたいと思います。

MGCのスタートを切る女子選手たち。前列右から2人目が優勝した前田穂南選手、左端が2位の鈴木亜由子選手。(2019年9月15日、写真:築田 純/アフロスポーツ)

 MGC の女子のレースは、私もNHKの中継で解説をさせていただきましたが、参加条件を満たした15人のうち、実際に走ったのは10人という前例のない少人数でした。選手の数が少なく、ペースメーカー(*1)もいないという特異な状況下で、ペース配分や勝負の仕掛けどころなどの判断をすべて自分でしなければいけない、とても難しいレースだったと思います。

*1 あらかじめ設定されたペースで指定された距離まで走り、先頭集団を引っ張る役目を果たすランナーのこと。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.