日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 五輪の切符をつかむ選手に共通する「強み」とは  > 3ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 五輪の切符をつかむ選手に共通する「強み」とは

東京五輪マラソン女子代表2選手の強さの秘密

 有森裕子=元マラソンランナー

「残り1枠」私が注目している選手は…

 MGCファイナルチャレンジで私が注目しているのは、MGCで5位だった野上恵子選手(十八銀行)です。彼女は6月に左すねを故障してしまい、納得のいくペースでの練習は積めていなかったと記者会見で話していました。でも、MGCでは40km以降はどの選手よりもラップタイムが速かったですし、「たられば」の話になるものの、左すねの故障さえなかったら、スピードがある選手で暑さに対する耐性にも定評があるので、上位争いに絡むことができたように思います。

 MGC6位の一山麻緒選手(ワコール)や4位の松田瑞生選手(ダイハツ)も、残り1枠を狙える実力は十分に持っていると思います。

 どんな試合展開になったとしても、自分の判断に迷わず走り切る力を持つためには、試合はもちろん、日々のトレーニングの中でも常に自分の頭で考えて判断し、成功するという経験の積み重ねが必要になります。五輪代表に決まった選手も、これから代表をつかみに行く選手も、そうした経験を本番までの残りの時間でさらに積んでいってほしいと思います。

2020年東京五輪 マラソン日本代表の選考方法(男女共通)

1.

MGCの上位2人を選出

2.

MGC終了後に行われるMGCファイナルチャレンジ(男子は福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソンの3レース、女子はさいたま国際マラソン、大阪国際女子マラソン、名古屋ウィメンズマラソンの3レース)で設定記録(男子:2時間05分49秒、女子:2時間22分22秒)を上回った選手のうち最速の1人を選出

3.

2の該当者がいない場合は、MGCで3位となった選手を選出

参考:男子日本記録は2時間05分50秒、女子日本記録は2時間19分12秒

※2019年12月10日現在、福岡国際マラソン(12月1日)とさいたま国際マラソン(12月8日)が終了。設定記録を突破した選手はいなかった。

※MGC3位は、男子は大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)、女子は小原怜選手(天満屋)。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー(五輪メダリスト)
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。公式Instagramアカウントはこちら

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.