日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙  > 3ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙

第1回おかやまマラソンで8年ぶりにフルマラソン完走!

 有森裕子=元マラソンランナー

コース最大の難所、30km過ぎの大橋で立ち止まる

 30kmを過ぎると、このコースの最大の難関である岡南大橋に差しかかります。一気にやってくる高低差20mのアップダウンは、非常につらい…。橋の上で再び立ち止まり、思わず給水所の机にもたれかかりました。疲労のピークがきたようで腰から脚までに力が入らず、脚が前に出ません。この辺りのエイドは、地元のラーメンなど岡山の名物が食べられるので、できるだけ口にしようと思っていたのですが、それどころではありませんでした。

 しばらく休んだ後、少し前傾姿勢になりながら再び走り出しました。足裏もつりそうになりましたが、足先をぐっと外側に向けることで回避。現役時代の経験と知恵を生かして、トラブルにも冷静に対応することができました。

岡山の美しいロケーションを再発見!

 20km過ぎからは1km6~7分ペースで走りましたが、とにかくつらかった…(苦笑)。しかし実際にランナーとして走ってみることで、新たな発見がたくさんありました。それは地元・岡山の美しさや素晴らしさです。

 コースを設定する時、「秋になると殺風景で何もないだろうな…」と思っていた場所が、驚くほど美しく色づいた紅葉の景色に。その予想以上のロケーションに思わず「岡山ってきれいじゃん!」ってつぶやいてしまうほど。

 さらに沿道では、驚くほどの地元の方々の声援。いくつかの学校付近を通過するようにコースを設定したので、そこに通う学生が応援してくれたり、ボランティアに参加してくれたり。美しいロケーションと、たくさんの地元の方が喜んでくださっている姿を見て、心の底から喜びが湧いてきました。

(写真提供:おかやまマラソン実行委員会事務局)
(写真提供:おかやまマラソン実行委員会事務局)

苦しかったゴール直前のハイタッチ

 「有森さん! がんばれー!」

 ゴールに近づくにつれて声援は大きくなり、とてもうれしかった…のですが、申し訳ないことに、その時の私はハイタッチする元気もなく…(笑)。「ハハハ…」と苦笑いしながら手を挙げるのが精一杯。何とも無愛想なランナーだったと思います。

 いつもランナーの皆さんには「ゴール付近では笑顔でハイタッチしましょう!」なんて話しているのに、実際にランナーの立場になってみると、「みんなこんなつらいのにハイタッチしてくれていたのか…」と思いました。

 隣についてくれる救護ランナーの方に「大丈夫ですよ! 有森さん」と励まされ、ヘロヘロになりながらも「前へ、前へ」と自分に言い聞かせながら、一歩一歩地面を踏みしめるようにゴールへ向かいました。

 そしてゴールした瞬間、自然と涙が溢れてきました。それは、完走できたから…というよりも、岡山が力を合わせて一つになったような気がしたから

 この大会を実現させるために、県警や地元の人々が最後まで諦めずに動き、地元企業も商品を提供するなどのサポートをしてくれました。たくさんの人がボランティアとして参加してくれて、沿道では多くの声援を送ってくれました。

 今回の参加者のうち、初マラソンのランナーは約3割でした。その半分が岡山県民。つまり、中国地方最大規模のマラソン大会であり、陸連の公認コースであり(この公認を受けるためにいろいろな苦労もありました)、何よりも地元開催だからこそ、「走ろう」と思ってくれた地元ランナーがたくさんいてくださったのだと受け止めています。これは本当にうれしいことでした。

 主催側にとっては初開催ですから、“心配”しかなかったと思います。しかし、主催する側、応援する側、出場する側といった様々な立場から岡山の人たちが1つになって、地元での初開催を成功させてくれたような気がします。あらためてマラソン大会の素晴らしさや開催地にもたらす影響の大きさを感じました。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.