日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  >  有森裕子の「Coolランニング」  > あなたのランニングシューズ、本当に合ってますか?  > 3ページ目
印刷

 有森裕子の「Coolランニング」

あなたのランニングシューズ、本当に合ってますか?

軟らかいソールは初心者には危険

 有森裕子=元マラソンランナー

サイズ、フィット感、着地の3つをチェックする

 では、一般ランナーはどのようにシューズを選ぶといいでしょうか。私たちトップランナーほど細かく考える必要はありませんが、ケガをしないためのシューズ選びを心掛けてほしいと思っています。最も大事なポイントは、「自分の足にフィットしているか」ということ。サイズはもちろん、「足幅はシューズと合っているか」「靴に当たって痛いところはないか」など、スポーツ用品店でフィッティングする時に、店内を歩き回ったり、その場でもも上げをしたりして履き心地を試してください。

 もう1つのポイントは、「ソール(靴底)の硬さ」です。ソールが軟らか過ぎるものは、その分、靴底のしなりが大きくなるので地面を蹴る力が必要になり、足が疲れやすくなります。特に脚力があまりない初心者ランナーは、ソールの反発を使って蹴り出しをスムーズにした方が足の負担も少なく楽なので、数足履き比べてみて、少し硬めに感じるソールがオススメです。ただ、柔らか目のソールの靴は、太めの方や脚を怪我をしている人に向くケースもあります。

[画像のクリックで拡大表示]

 といっても、その判断は初心者にはちょっと難しいかもしれません。ですから、自分の好みだけで選ぶのではなく、スポーツ用品のショップで店員さんと相談しながら決めましょう。今は足の寸法(縦の長さや幅、甲の高さなど)や、足の状態(土踏まずの湾曲の有無や外反母趾)を3次元計測器で計ったり、ランニングマシンに乗って実際に走っているところを撮影しながらランニング時の足の着地や運び方を分析するサービス(有料の場合が多い)を実施したりしている、スポーツメーカーの直営ショップがあります。

 例えば、着地するときの足のクセが分かれば、それに対応する機能を持ったシューズを選ぶことができます。足裏の内側から着地する人は、なるべくフラットに着地できるように、内側のソールがしなりすぎない硬さのタイプを店員が紹介してくれるでしょうし、扁平足気味の人なら、土踏まずをサポートして着地時に足首が内側に倒れ込み過ぎない安定性の高いシューズが向きます。サイズやフィット感、着地の仕方の3つをチェックできれば、今のあなたの状態に合ったシューズと出合いやすくなります。

ソールの内側を強化したランニングシューズ(アシックス製「GEL-KAYANO 21」)
着地時に踵が内側に倒れ込む人にお勧めのシューズ。メーカー直販サイトでの価格は1万5660円(税込み)。
[画像のクリックで拡大表示]
クッション性が良いソールを採用したランニングシューズ(アシックス性「GEL-NIMBUS 16」)
着地時に踵が倒れ込みにくい人にお勧めのシューズ。メーカー直販サイトでの価格は1万5660円(税込み)。
[画像のクリックで拡大表示]

 走る前に、「自分の足の状態」を知るのはとても大事なこと。昨今では、百貨店やショッピングセンターのスポーツ用品売り場で足の計測サービスを受けられる所も増えてきました。これを機にぜひ活用し、納得したシューズ選びをしてください。

 計測できなくても、普段、履いているシューズの靴裏(特に踵)を見たときに、外側と内側とのどちらがよくすり減っているのかを見ることで、着地の傾向が予測できます。履き慣れたシューズ(これからランニングを始める人は普段の通勤靴でもOK)をスポーツ用品店に持参して、靴底を店員に見てもらうといいかもしれません。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.