日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 女子駅伝「四つんばい」は美談ではない
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 女子駅伝「四つんばい」は美談ではない

選手を守るルールの見直しを

 有森裕子=元マラソンランナー

 いよいよ今年も残すところ2カ月を切りました。休日には全国各地で開催されるレースに出場されるランナーもいるでしょう。寒さも少しずつ厳しくなってきますので、くれぐれも体調管理には気をつけましょう。

 私もつい先日、11月11日に故郷・岡山県で開催された「おかやまマラソン2018」に出場してきました。2018年は西日本豪雨災害が起こり、岡山県でも多くの方が被災されました(関連記事:「相次ぐ自然災害で考える、チャリティマラソンの意義」)。まだ以前の暮らしを取り戻せていない方もたくさんいらっしゃいます。

 そこで今年のおかやまマラソンでは、チャリティゼッケンを企画しました。「がんばろう!岡山」というロゴが入ったゼッケンを1枚1000円で販売し、購入していただいたランナーには被災地に向けた応援メッセージを書いて走っていただき、その売上金を被災地に寄付するというものです。

 私自身、これまで何度もチャリティマラソンに関わらせていただきましたが、まさか故郷の災害に向けたチャリティに参加することになるとは思ってもいませんでした。そうした面では複雑な気持ちでしたが、おかやまマラソンのお話は回を改めてご紹介しようと思います。

「はってでもタスキを渡す」行為は美談でも何でもない

 さて話は変わりますが、10月21日に福岡県で開催されたプリンセス駅伝(第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会)で、選手の「四つんばい」問題がテレビやネットメディアで大きく報道されたことをご存じの方も多いと思います。

第4回全日本実業団対抗女子駅伝予選会で一斉にスタートする選手たち。(2018年10月21日福岡県宗像市、写真:毎日新聞社/アフロ)

 2区(3.6km)に出走した岩谷産業の飯田怜選手が、第2中継所まであと200mほどの地点で転倒しました。転倒後、同選手は四つんばいになってアスファルトの上を5分以上かけて進み、膝から血を流しながら3区の走者にタスキをつなぎました。レース後、同選手は右脛骨(けいこつ)の骨折で全治3~4カ月と診断されたそうです。

 このアクシデントでは、選手を止めるべきだったか、そのままタスキをつなぐべきだったかといったことがメディアで議論されていましたが、ここで私が問題視したいのは、3つのポイントです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.