日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 「自粛明け」のケガを防ぐ! 走る前に取り入れたい筋トレ

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 「自粛明け」のケガを防ぐ! 走る前に取り入れたい筋トレ

シンプルで腰を痛めにくい「プランク」で体幹を安定させよう

 有森裕子=元マラソンランナー

 11月に入って秋も深まり、紅葉を目にしながらランニングを楽しめる気持ちのいい季節が続いています。少しずつ肌寒い日も多くなり、年末に向けて忙しくなる方も多いと思います。引き続き感染予防を心がけながら、体調管理に気をつけて過ごしましょう。

「自粛期間明けにケガ人が急増」の声

 さて、この秋は、足腰のケガや関節痛などで整形外科を受診する人が例年よりも多いという話を耳にしました。自粛期間中、家で筋トレなどの運動習慣を始めた人もいると思いますが、運動はおろか、歩く機会そのものがガクッと減ってしまったという人も多かったと思います。

 家で過ごす時間が増え、運動量が激減してしまった子どもたちや学生が、自粛明けに急に体育の授業や課外活動で体を動かし、骨折してしまった…。あるいは、在宅勤務が続いたビジネスパーソンが、秋を迎えて以前と同じようなメニューでランニングを再開し、足を痛めてしまった…。そんなケースが増えているそうなのです。

自粛明けにケガや足腰の痛みで整形外科を受診する人が増えているそうです。(C) Andriy Popov-123RF

 運動不足の人が急に体を動かすとケガをしやすくなることは頭で分かっていても、自分への過信や自粛明けの解放感で、つい無理をしてしまったのでしょう。特に、子どもたちはスポーツをしているうちにエキサイトして、無茶な動きをしてしまいます。学校などの教育現場では、例年以上に準備運動を念入りに行い、段階を踏んで体を動かすことを先生方に意識してもらい、しっかり指導してほしいと思います。

 ランニングなどの、体全体を動かす運動をする際は、それぞれの部位の細かい筋肉を普段から鍛えたり、ケアしたりしておくことが、ケガを防ぐ近道です。特に、これからどんどん寒くなると体が動きにくくなり、ケガをしやすい季節になるので、慎重になる必要があります。

 外でのランニングを再開する人が増えてきた今、走ることが楽しくて、筋トレなどはつい後回しになってしまう気持ちも分かりますが、軽い筋トレでいいので、家で運動する習慣を継続していただきたいと思います。リモートワークが増えた方は、通勤に使っていた時間の一部を筋トレに費やすなど、「おうちトレーニング」を習慣化することがより大切になってくると思います。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.