日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソンシーズン真っただ中、不調を感じた時は…
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソンシーズン真っただ中、不調を感じた時は…

情報に振り回されず、自分の体とじっくり対話しよう

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 紅葉シーズンも始まり、朝晩は冷え込むようになってきました。いよいよ11月8日に、故郷・岡山で初めて開催される「おかやまマラソン」に出場します! 8年ぶりのフルマラソン。参加者のみなさんとゆっくり楽しく走るつもりですが、その模様は次回にお伝えしますね。

 さて、全国各地でマラソン大会が開催されていますが、参加者の中には「脚が痛いな」「体のだるさが抜けないな」と思われている方もいるのではないでしょうか? 今回は、そうした不調を防ぐためのシーズン中のケアについてお話したいと思います。

ランニングシーズン真っ盛り。ランナーのモチベーションも高まります。(©SUNG KUK KIM-123rf)

 脚に少しでも痛みを感じたら、本来なら安静にしてもらいたいところ。走りたい気持ちはよくわかりますが、走ってほしくありません! どうしても走りたいというのであれば、痛みの度合いにもよりますが、今は脚をケアする期間だと考え、練習は軽めにとどめてマッサージなどのケアの回数を増やしてほしいなあと思います。

 スポーツマッサージに出向き、筋肉の張りなどをほぐしてもらいながら、自分でもできるセルフケアの方法を教えてもらいましょう。「スポーツマッサージは時間やお金がかかるので頻繁に行けない」という人も、家でのケアをしっかり続けることで、ケガの発生や悪化を防ぐことはできます。

脚が痛くなったら体とフォームをチェック!

 脚が痛くなったら、自分のトレーニングを振り返って、その原因を考えてみてください。練習不足なのか、オーバーワークなのか、はたまたフォームが悪いのか…。特にフォームに関しては、鏡の前に真っ直ぐ立って全身をチェックすれば、「肩の高さが左右のどちらかに下がっていないか」「右と左の脚の太さが違っていないか」「背すじが曲がっていないか」など、何かしら気づきがあるかもしれません。

トレッドミルで走りながらフォームをチェック。(©fotomircea-123rf)

 実際に走り方をチェックしてみることもおすすめします。スポーツジムや計測設備を持ったスポーツ店の中には、施設内に設置されたトレッドミルで実際に走り、専門家にフォームをチェックしてもらえるサービスを提供しているところがあります。トレッドミルの前に鏡が設置されているジムなら、走りながらフォームを自分の目でチェックできるので、体の傾きや癖などに気づき、痛みの原因の糸口が見つかるかもしれません。ともすれば、「仕事をしている時も背すじを伸ばすように気をつけよう」「片方の肩ばかりに荷物をかけないようにしよう」「太ももの筋肉を鍛えよう」などと、課題が見えてきます。

 ただし、初心者の場合はそうした判断をするのが難しいかもしれません。骨格の歪みを一つとっても、先天性のものか、生活習慣が原因なのかで対処が変わりますから、ランニング教室の先生やトレーナーさんといった専門家に相談し、一緒に解決策を探してみるといいでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.