日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 マラソンシーズン真っただ中、不調を感じた時は…
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 マラソンシーズン真っただ中、不調を感じた時は…

情報に振り回されず、自分の体とじっくり対話しよう

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 紅葉シーズンも始まり、朝晩は冷え込むようになってきました。いよいよ11月8日に、故郷・岡山で初めて開催される「おかやまマラソン」に出場します! 8年ぶりのフルマラソン。参加者のみなさんとゆっくり楽しく走るつもりですが、その模様は次回にお伝えしますね。

 さて、全国各地でマラソン大会が開催されていますが、参加者の中には「脚が痛いな」「体のだるさが抜けないな」と思われている方もいるのではないでしょうか? 今回は、そうした不調を防ぐためのシーズン中のケアについてお話したいと思います。

ランニングシーズン真っ盛り。ランナーのモチベーションも高まります。(©SUNG KUK KIM-123rf)

 脚に少しでも痛みを感じたら、本来なら安静にしてもらいたいところ。走りたい気持ちはよくわかりますが、走ってほしくありません! どうしても走りたいというのであれば、痛みの度合いにもよりますが、今は脚をケアする期間だと考え、練習は軽めにとどめてマッサージなどのケアの回数を増やしてほしいなあと思います。

 スポーツマッサージに出向き、筋肉の張りなどをほぐしてもらいながら、自分でもできるセルフケアの方法を教えてもらいましょう。「スポーツマッサージは時間やお金がかかるので頻繁に行けない」という人も、家でのケアをしっかり続けることで、ケガの発生や悪化を防ぐことはできます。

脚が痛くなったら体とフォームをチェック!

 脚が痛くなったら、自分のトレーニングを振り返って、その原因を考えてみてください。練習不足なのか、オーバーワークなのか、はたまたフォームが悪いのか…。特にフォームに関しては、鏡の前に真っ直ぐ立って全身をチェックすれば、「肩の高さが左右のどちらかに下がっていないか」「右と左の脚の太さが違っていないか」「背すじが曲がっていないか」など、何かしら気づきがあるかもしれません。

トレッドミルで走りながらフォームをチェック。(©fotomircea-123rf)

 実際に走り方をチェックしてみることもおすすめします。スポーツジムや計測設備を持ったスポーツ店の中には、施設内に設置されたトレッドミルで実際に走り、専門家にフォームをチェックしてもらえるサービスを提供しているところがあります。トレッドミルの前に鏡が設置されているジムなら、走りながらフォームを自分の目でチェックできるので、体の傾きや癖などに気づき、痛みの原因の糸口が見つかるかもしれません。ともすれば、「仕事をしている時も背すじを伸ばすように気をつけよう」「片方の肩ばかりに荷物をかけないようにしよう」「太ももの筋肉を鍛えよう」などと、課題が見えてきます。

 ただし、初心者の場合はそうした判断をするのが難しいかもしれません。骨格の歪みを一つとっても、先天性のものか、生活習慣が原因なのかで対処が変わりますから、ランニング教室の先生やトレーナーさんといった専門家に相談し、一緒に解決策を探してみるといいでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.