日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 これは楽しい!「オンラインマラソン」に感じた新たな可能性
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 これは楽しい!「オンラインマラソン」に感じた新たな可能性

 有森裕子=元マラソンランナー

 今年は例年よりも駆け足で時が過ぎていくような気がします。経済活動が少しずつ活性化し始めている一方で、新型コロナウイルスの流行の収束は見えないまま、2020年の秋を迎えました。体調を崩しやすい季節の変わり目でもあるので、引き続き気を緩めずに体調管理と感染予防を心がけましょう。

話題の「オンラインマラソン」、最初はピンとこなかったものの…

 この季節は本来ならマラソンシーズンの到来となるところですが、このコロナ禍で、大規模なマラソン大会は困難に直面しています。私が毎年スペシャルアンバサダーとして参加しているおかやまマラソンは、残念ながら今年は中止になり、毎年3月に開催される東京マラソンの次の開催は、来年(2021年)10月へと延期されました。

 参加を楽しみにしていた大会が中止や延期となり、意気消沈しているランナーの方もいるかと思います。しかしそうした残念なニュースの傍ら、バーチャルで開催する「オンラインマラソン」といった新しい大会のスタイルも生まれ、各地で普及しつつあります。11月には、アシックスが仲間や家族のチームで参加できるオンラインの駅伝レースを開催するそうです。

 「オンラインマラソン」と聞いても、あまりピンとこない方や、「それって楽しいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。実は、私もそうでした。最初は何をするのかがイメージしにくく、面白さが今一つ分からなかったのですが、先日、実際にこうしたイベントを体験できる機会に恵まれ、認識が一気に改まりました。

離れた人たちとバーチャルで一緒に走る「オンラインマラソン」ってどういうもの?(C) Dean Drobot-123RF
離れた人たちとバーチャルで一緒に走る「オンラインマラソン」ってどういうもの?(C) Dean Drobot-123RF

「抜きましたよ!」ランナーの耳に実況を届けながらゴールまで応援

 私が参加させていただいたのは、瀬古利彦さん(横浜DeNAランニングクラブ エグゼクティブアドバイザー)が中心となって企画した、「GOGO2021 w/瀬古利彦&Friends」というイベントです。これは、離れた人と一緒にランニングが楽しめる「ライブラン」という専用アプリを使った、無料の「実況解説付きバーチャルランニングイベント」で、参加者はそれぞれ自分の好きなコースを走り、実況解説や応援をイヤホンで聞きながらゴールを目指します

 私はこのセッションに8月と9月の計2回、ゲストナビゲーター、つまり実況側として参加しました。大会には、日本各地のみならず、海外の参加者も含めた200人以上のランナーが参加。瀬古さんと私は、皆さんの走った距離や時速、順位などが映し出される画面を見ながら、レースの状況を解説し、応援メッセージをリアルタイムで届けます。

 たとえば、「Aさん、1人抜きましたよ!」「今、BさんとCさんの順位が入れ替わりました!」「ゴールまであと〇分、がんばれ!」…といった感じです(参加者はあらかじめ登録したニックネームなどで呼ばれます)。スタート前に走り方などについての質問を送ってくれた方には、それについてレース中に答えたりもしました。

1/2 page

最後へ

次へ

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.