日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 「有森さん、こんな練習ではハーフマラソンに出るのが精いっぱいでしょうか?」
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

「有森さん、こんな練習ではハーフマラソンに出るのが精いっぱいでしょうか?」

焦ってもいいことなし、まずはネガティブ思考から脱却しよう

 有森裕子=元マラソンランナー

 スポーツの秋、真っただ中。皆さん、楽しみながら走っていらっしゃいますか。暑い夏に継続してトレーニングができた人は、脚ができてきていることを実感されていると思います。涼しくなり、走力もついて余裕が生まれれば、自然とスピードも上がります。そんな時こそ足腰への負担が大きくなりますので、しっかりと準備運動やストレッチを行い、走った後のアフターケアも心掛けるようにしてくださいね。

 さて、前回(「スピードを上げる練習をすると膝が痛くなります。どうすればいいですか?」)に引き続き、今回も読者ランナーの皆さんから寄せられたランニングの悩みにお答えしたいと思います(編集部注:質問の文章には一部編集を加えています)。

30代女性(公務員)
ランニング歴:15年 ベストタイム:3時間40分(フルマラソン)

 ランニング歴15年になるランナーです。6年前に出産した後、少しずつ練習を積み、出産前の走力に戻ってきました。先日の大会では、10kmの自己ベスト(42分58秒)を出すことができました。しかし、以前に比べると、すぐに筋肉痛になり、疲労が抜けません。ハーフマラソンやフルマラソンにも再挑戦したいのですが、これ以上激しい練習をすると疲れが抜けきれなくなるのではと危惧しています。
 出産前はがむしゃらに練習をしていましたが、出産後は、休日は週1回、走れる時は15kmほど走り、平日は週3回、昼休みを利用して、たまにインターバルトレーニングを加えながら5、6km走る程度です。そのほか、筋トレをしたり、プロテインを飲んだりしています。お酒も週1回に抑えるようにしました。ほかのランナーの皆さんは、毎日走ってサブスリー(*)などを目指していますが、このような練習では、ハーフマラソンに出場するのが精一杯でしょうか?

*サブスリー:フルマラソン(42.195km)を3時間を切るタイムで完走すること

ネガティブ思考は負のスパイラルに陥る恐れあり

 ご出産前は自己ベスト3時間40分でフルマラソンを走っていたという女性ランナーのご相談ですね。まずは、10km自己ベストの更新、おめでとうございます! 10kmを43分で走れるなんて、すばらしいことだと思います。しかし!…このご相談を拝読してまず思ったのは、ネガティブな言葉を多く使っていらっしゃるなあということでした。

 「挑戦したいのですが」、「走る程度です」、「このような練習では」、「精一杯でしょうか」…など、気になる箇所に赤線を引いて、ポジティブな言葉に言い換えて差し上げたいぐらいです。考え方がネガティブになると、悪いことばかり想像してしまい、気持ちも落ち込みます。どうか、「こんな練習ではだめだ…」などと思わず、「忙しいのにこんなに走ることができた!」と、ポジティブな発想をするように意識してみてください。それだけでも気持ちが前向きになり、ランニングとの向き合い方が変わるはずです。

 仕事に家庭に忙しいお母さんが、週1回、15kmも走れているのであれば、すばらしいじゃないですか。さらに、きちんと時間を作って昼休みに5~6kmを走れているのもすごいですよね。「筋トレをしたり、プロテインを飲んだり、飲酒も週1回に抑えている」というあたりも、「やることをきちんとやっているなあ」と私は思います(プロテインに関しては、私自身は現役中に飲まなかったので、推奨するわけではありません)。何も悲観することはありません。

目標に縛られて、自分のランニングに対してネガティブになっていませんか?(C)Wavebreak Media Ltd-123rf

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.