日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 パラリンピックを「感動ポルノ」で終わらせないために  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 パラリンピックを「感動ポルノ」で終わらせないために

東京2020パラリンピックの大成功を見て考えたこと

 有森裕子=元マラソンランナー

 今回のパラリンピックでは、共生社会やダイバーシティー(Diversity)、インクルージョン(Inclusion)、ジェンダーレス(Genderless)、SDGs(Sustainable Development Goals;持続可能な開発目標)など、世界が今注目しているキーワードを掲げて発信することができたとされています。しかし大切なのは、それを今大会だけで終わらせず、障害者を通じた社会定義の発信を継続的に続けていくことです。そして、それらをどれだけメディアが報道してくれるかも重要になります。東京パラリンピックをステップにして、さまざまな立場の組織や人が変化しなくてはいけないでしょう。

 そのことは、当事者であるパラアスリートたちにも当てはまります。メダルを獲得した選手は特に、今こそ自分から積極的に世間に発信していくチャンスです。この機会を逃すと、東京パラリンピック以上に自分たちの競技が注目される機会は巡ってこない可能性が極めて高いと思います。パラリンピアンは、毎日トレーニングに励み、不自由な自分の体をどうやって使って競技力を高めるかを考え続け、探求しているトップアスリートです。決して、世間を感動させたいと思って競技をしているわけではないでしょう。ですが、このまま世間の障害者スポーツへの関心が薄れていくと、東京パラリンピックが一過性の「感動ポルノ」で終わってしまう可能性も否めません。

オリンピックとパラリンピックをセットで開催という夢

 障害者スポーツのこれからを考えるとき、夢物語かもしれませんが、オリンピックとパラリンピックを区別して時期をずらして開催するのはもったいないと私は思っています。

 いずれも平和のスポーツの祭典であるという目的は同じなので、両方を同じタイミングで開催して、世界中の人が観戦し、報道できるような変化に挑戦することも、パラリンピックへの世間の関心が途切れない方法ではないかとも思うのです。もちろん、それぞれ組織委員会があり、それぞれの歴史や意向、スポンサー問題などもあるかもしれません。でも、「オリンピックやパラリンピックが、最終的には社会の中でどんな存在を目指しているのか」と問えば、目指すところは同じではないでしょうか。オリンピックやパラリンピックだけでなく、例えば健常者と障害者の世界陸上が一緒に開催されてもいいのではないかと思います。

 オリンピックとパラリンピックが同じ時期にセットで開催されることが世界の常識になれば、健常者と障害者の競技を自然に観戦する文化になるはずです。それが今回のオリンピックやパラリンピックでも掲げられた共生社会の実現や、社会の多様化を促すのではないかと思います。

子どもたちが障害者スポーツを体感できる機会を!

 今回、国が実施した、パラリンピックを通じて障害者を理解し、共生社会を学ぶという「学校連携観戦プログラム」で、一部の子どもたちが大会を実際に観戦した経緯がありました。コロナ禍にリアルな観戦が実施されたことに関して、感染リスクの面では議論がありましたが、それは別として、パラリンピックの競技を実際に観戦した子どもたちの中には、純粋に障害者スポーツを興味深く、面白く感じた子どもがたくさんいたのではないかと思います。

 ボッチャを見て、実際にやってみたくなった子どももたくさんいるでしょう。私自身、公式のボッチャセットを買おうかと思ったぐらい、やりたくなりました(笑)。そうした気持ちが高まっている間に、障害者スポーツを体感できる機会をより多くの子どもたちになんとか提供できないかと思っています。ボッチャはもちろん、ブラインドサッカー、シッティングバレー、車いすバスケ。どれも障害者と同じ条件でプレーすることが可能です。そうやって体験・体感することで健常者が障害者の感覚を知り、両者の隔たりがない環境が当たり前の世の中になってほしいです。大会の余韻が残っている今こそ、大きなチャンスだということをさまざまな関係者が気づき、行動できるようになれば、多くの人々の未来が楽しみになるのではないでしょうか。

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー(五輪メダリスト)
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。公式Instagramアカウントはこちら

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.