日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 7年ぶりの「脚作り」は 階段&坂道から  > 3ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 7年ぶりの「脚作り」は 階段&坂道から

メダリストも久しぶりの練習は億劫!?

 有森裕子=元マラソンランナー

自宅マンションの階段で練習を開始!

 私はこれまで全く練習をしていなかった体を鍛えるため、「脚作り」を行う必要がありました。脚を鍛えるのに一番手軽で効果的な練習は、「階段の上り下り」です。そこで、朝6時頃から自宅マンションの階段を使って、トレーニングを開始。室内だから雨天でも練習でき、早朝にマンションの階段を利用する人も少ないので、絶好の練習場所です。かつかなり高さのあるマンションなので、10階以上の階段をエレベーターを使わずに上り下りするだけでも筋力と持久力が鍛えられます。商業施設や駅などでエスカレーターを使わず、階段を利用するだけでも結構なトレーニングになるでしょう。

階段の上り下りはランナーの脚作りに最適。(©Christopher Nuzzaco-123rf)

 以前、「梅雨時こそランナーの“体づくり強化期間”」でも「階段を使ったトレーニング」をご紹介しましたが、階段の上りで大事なのは、姿勢を正し、膝の向きを真っすぐ前に向けて、上り下りすること。そして、一段踏み込むたびに、腹筋・背筋といった体幹はもちろん、膝回りや大腿後部(太ももの裏)の筋肉、大臀筋を意識することです。

 一方、下りの場合は、膝の向きが真っすぐになるように気をつけながら、リズミカルに下りていくようにします。この階段の上り下りで筋肉に刺激を入れた上で、そのまま外に出て走りに行きます。

体と対話しながら走っていますか?

 私のランニングコースは川沿いの緑道です。早朝であれば、通勤途中のビジネスパーソンも少ないので、走っていて気持ちのいいコースです。

 走っている時も、体との対話は欠かせません。背中は丸まっていないか、階段トレーニングで使った体幹回り、大腿部や臀筋などを使って走れているか、腰の位置を落とさず、上下にぶれていなか、腕は振れているか、足のアーチに痛みはないかなどをチェックしていきます。だいたい時速5~6kmのペースで1時間ほど走ります。現役時代から体との対話を大事にしてきたので、私は音楽を聞きながら走らないタイプですね。

 コースの途中には、長めの上り坂があります。そこを駆け上るだけでも結構なトレーニングです。負荷がかかる坂道こそ、臀部や大腿の筋肉が鍛えられ「脚作り」につながります。もちろん持久力も必要。疲れてくるとフォームが乱れてくるので、息が上がってきた時こそ、崩れやすい姿勢や腕振りなどを意識します。

 階段トレーニングを含めて、トータルで1時間半ほどの練習です。長めの距離を走る練習は、仕事で参加する土日のランニングイベントで兼ねる予定です。忙しい合間にどれぐらい効率的にトレーニングできるか、それもランニングを続ける上で大事な要素。本番前の10月のトレーニングはしっかり時間を取って練習したいと思いますが、その辺りは「おかやまマラソン」が終わった後に、感想と共にお伝えしたいと思っています。

ジョギング・ランニング
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.