日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 新しい時代を切り開く女性アスリートたち
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 新しい時代を切り開く女性アスリートたち

偏見打破から「EQUAL PAY」へ

 有森裕子=元マラソンランナー

 暑さもピークを超え、開催まで1年を切った東京オリンピックに向けて、さまざまな記念イベントが開催されています。今週末、9月15日にはいよいよ、マラソン日本代表の座をかけたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が開催されます。オリンピック本番と同じ都心のコースを走り抜けるトップランナーたちの勇姿を、ぜひ沿道やテレビ中継でご覧いただければと思います。

偏見と戦い、日本女子初の五輪メダリストになった人見絹枝さん

 そんな五輪ブームを盛り立てる1つ、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』で、少し前に(7月7日放送回)、ダンサーの菅原小春さん演じる人見絹枝さんが登場しました。

 人見絹枝さんは、1928年のアムステルダム五輪に日本人女子選手として初めて出場し、800mで日本女子初のメダリスト(銀メダル)になった陸上選手です。1928年といえば、今から約90年前。遠い昔の出来事のように思われるかもしれませんが、実はこの方、私と不思議なご縁のある方であり、日本の女性アスリート活躍の礎を築いた人でもあるのです。

 彼女は1907年(明治40年)に私と同じ岡山県で生まれました。16歳の時に陸上競技を始め、走り幅跳びの日本最高記録を出して、17歳の時に二階堂体操塾(日本女子体育大学の前身)に入学。三段跳びややり投げ、50m走などさまざまな種目で記録を打ち立てていきます。

 19歳で大阪毎日新聞社(現・毎日新聞社大阪本社)に入社し、運動課で記者をしながら、100mや砲丸投げなどにも活躍の場を広げ、続々と日本記録や世界記録を樹立。ついに21歳でアムステルダム五輪に出場し、日本女子初の五輪メダリストとなりました。

 しかし、練習と試合、仕事と、身を削るような生活がたたったのか、若くして病に倒れ、残念ながら24歳という若さで亡くなってしまいます。

同郷、同じ日にメダル獲得という不思議なご縁

 人見さんは特に岡山では有名な方ですが、私が彼女をより意識するようになったのは、1992年のバルセロナ五輪で銀メダルを獲得してからです。私のメダル獲得は、日本人女子の陸上選手としては64年ぶり、人見さんに次ぐ史上2番目だとして注目されました。さらに、バルセロナ五輪でメダルを取った日は、奇しくも人見さんがアムステルダムで銀メダルを獲得した日と同じ8月2日。そして、彼女が亡くなったのも8月2日だったのです。メダリストとしての不思議なご縁を感じた私は、帰国後、故郷・岡山にある人見絹枝さんの墓前で銀メダル獲得の報告をさせていただきました。

 こうしたご縁だけではなく、私は人見さんの生き方にも、同じ女性アスリートとして大いに共感を覚えています。

 彼女のすごいところは、女性が人前で太ももを出して走ることへの批判や偏見が強かった昭和初期の時代に、大変な苦労をしながら女性アスリートとして道なき道を切り開き、輝かしい結果を残したことです。

 そんな彼女の生き方に、私自身、プロ化を求めて奮闘した日々(詳しくはこちら:私が「プロ宣言」で手に入れたかったもの)を重ね合わせ、共感する部分が多くありました。人見さんが大変な壁を乗り越えてくださったからこそ、時代を超えてさらに進化した壁が私の前に現れ、乗り越えることができたのだと思うのです。

 人見さんは、後輩たちが当たり前のようにスポーツができる環境を作るために、世の中の偏見やそれまでの常識と戦いました。彼女のような偉大な先駆者がいたからこそ、日本の女性アスリートが世界で戦える道が開けたと言っても過言ではありません。だからこそ、彼女に続く五輪メダリストになった私も、人見さんの思いを後進に伝え、つなげていきたいと(勝手に)思っています。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.