日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > ランナーのマナーがランニングの未来を左右する
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

ランナーのマナーがランニングの未来を左右する

歩行者のことを考えて走っていますか?

 有森裕子=元マラソンランナー

東京マラソンの人気などを背景に、ランニング人口は2080万人に増加し、各種スポーツの中でも高い関心を集めています。特に20~40代の男性の参加が多い一方で、アスリートのような走りを性急に求めすぎた結果、故障をしてしまう人も少なくありません。そんな状況に危機感を抱くのは、五輪マラソンメダリストの有森裕子さん。トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けします。

 9月に入り、いよいよマラソンシーズンが始まろうとしています。秋から冬にかけては各地で大会が開催され、既にエントリーされた方は本番に向けて練習されているのではないでしょうか。私も、初めての開催に向けてお手伝いさせていただいている、11月8日の「おかやまマラソン」に出場します。

 引退後、初のフルマラソンの挑戦。少しずつですが練習を再開しています。その進捗は来月にでもご報告できればと思います。過ごしやすくなったとはいえ、兎にも角にも体調管理にはくれぐれもご注意くださいね。

歩行者のことを考えながら走ってる?

 レースを控え、ベテランになるほど自分を追い込むようなハードな練習に取り組む人も多いのではないでしょうか。スピードを上げたり、長い距離を走り込んだりする練習など、真夏は猛暑のためできなかった負荷が高いトレーニングに取り組みたくなる時期です。ケガに気をつけていただきたいのはもちろんですが、もう一点気をつけていただきたいことがあります。それは「マナー」です。

 マナーといってもピンとこない方は多いかと思います。ランニングを語るとき、マナーの問題はなかなか目が届きにくいテーマですが、歩行者に迷惑をかけるような、周囲への気配りが足りないランナーはとても多いように思います。

 ランニングはブームを通り越して、もはやライフスタイルの一部として世の中に定着しつつあります。一般社会には、他人と共存していく上で欠かせない“最低限の常識”があるように、ランニングにおいてもマナーの重要性を皆が意識しなければいけないと感じます。そうでないと、ランニングというライフスタイルは世の中に受け入れられなくなり、廃れていく気がするのです。

 公道や公園など、大勢の人が行き交う場所を走る際の明確なルールがないまま、ランニングが社会現象の一つになってしまったことも、マナーに欠けるランナーが現れた原因ではないでしょうか。大勢の方が楽しく安全に走り続け、それぞれの健康作りへつなげていく文化としてランニングを根付かせるためにも、マナーの問題は優先順位の高いテーマのように私は思います。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.