日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 いよいよ開幕したリオ五輪、女子マラソンの見どころはココ!
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 いよいよ開幕したリオ五輪、女子マラソンの見どころはココ!

 有森裕子=元マラソンランナー

 五輪マラソンメダリストの有森裕子さんが、トップアスリートならではの深いランニング知識を基に、楽しく長く走り続けるためのコツをお届けする本連載。今回のテーマは、熱戦が続いているリオデジャネイロ五輪。間もなく始まる女子マラソンにも大いに注目です。

いよいよ開幕したリオ五輪。テレビにくぎ付けの人も多いのでは?(©marchello74 123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 南米初の五輪となる、リオデジャネイロ五輪がいよいよ開幕しました。史上最多の205の国・地域が参加し、今回初めて「難民選手団」が結成されたことも話題になりました。17日間にわたる、4年に1度の世界のトップアスリートによる白熱した戦いが繰り広げられています。

 日本にとっては、4年後の東京五輪の開催に向けて弾みをつけたい大事な大会。日本選手団は338人(男子174人、女子164人)の選手たちが参加しています。これは2008年の北京大会に次ぐ史上2番目の規模だそうです。

 早速、競泳男子400メートル個人メドレー萩野公介選手と瀬戸大也選手が金メダルと銅メダルを獲得。60年ぶりの日本人ダブル表彰台という快挙を成し遂げました。体操男子では、ロンドン五輪体操個人総合金メダリストの内村航平選手率いる団体が、“有言実行”で金メダルを獲得。日本のお家芸といわれる柔道などでも健闘が続いています。8月12日の夜(日本時間)から始まる陸上競技もこの勢いに乗ってほしいところです。

後半勝負になる周回コースは、暑さ・海風対策が鍵

 その陸上競技、注目の女子マラソンのスタートは、8月13日の9時半(日本時間:8月14日21時半)。男子マラソンは20日9時半(日本時間:21日21時半)です。ブラジルは秋ですから季節的にはマラソンに適したシーズン。それでも南米の強い日差しが降り注ぐ中、後半は気温も上昇しますので、暑さ対策や水分補給は勝負を左右する鍵になるでしょう。

 コースは、マラカナン地区のカーニバル会場である「サンボドロモ」が発着点。市街地を抜け、リオ市東部の海岸沿いを周回するコースになります。今回のコースはカーブが多いと聞きましたので、それを利用して一気にスピードを上げ、後続を引き離す光景が見られるかもしれません。沿岸を走るため、海風の影響も少なからずあります。他の選手を風よけ代わりにするような位置取りを意識するなど、海風対策が必要になるでしょう。

 2012年ロンドン五輪のマラソンコースは石畳が続き、選手の脚に大きな負担がかかりました。ロンドンほどではないにしろ、リオのマラソンコースは、斜傾やつぎはぎの路面が多いと聞きますので、選手のコンディションに何らかの影響を与えるかもしれません。

 多くのマラソン選手は直前にコースを試走して、足の裏でコースを走った時の感触や、道の特徴を確かめます。私も1996年アトランタ五輪では試走し、最後の下りで勝負しようなどと小出義雄監督と作戦を立てました。でも、今回のリオ五輪では、レース終盤のセントロ地区が犯罪多発地帯であることから、強盗被害のリスクを回避して試走を断念している選手もいました。思い通りの準備ができず、やきもきするかもしれませんが、どんな状況でも、動揺せずに冷静に対応できる選手こそ、勝負どころで実力を発揮することができ、結果が伴うと思います。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.