日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 スポーツイベントの制限緩和にはもっと明確なルールが必要
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 スポーツイベントの制限緩和にはもっと明確なルールが必要

アマチュア競技の選手やスタッフの検査に費用補助を

 有森裕子=元マラソンランナー

 関東地方の梅雨も明け、本来なら今ごろは、東京五輪の盛り上がりをここでお話しする予定だった2020年の夏。今もなお、新型コロナウイルスの問題は続いています。

 長期戦が予想されていたとはいえ、三密を避ける「新しい生活様式」が推奨され、さまざまなコロナ関連のニュースが飛び交う中、心身ともに疲れている方も少なくないのではないでしょうか。今年は長梅雨による寒暖の差も激しく、体調を崩しやすくなっているかと思います。睡眠・食事・運動といった規則正しい生活を、いつもより意識していただきたいと思います。

「一律5000人」の根拠とは? 制限緩和の進め方に違和感

 このような状況の中、野球やサッカー、相撲といったさまざまなプロスポーツのシーズンが始まりました。長期戦になるからこそ、そしてスポーツで生計を立てている選手やスタッフがいるからこそ、コロナ禍での新しいやり方を模索し、段階を踏みながら進めていくことは大事ですし、大賛成です。

 ただ、今回のスポーツ等のイベントの観客人数の緩和に関して、屋内・屋外ともに7月10日から5000人(屋内の場合は、かつ収容人数の50%以内)まで可とし、8月1日以降は屋内は収容人数の50%以内、屋外は人数制限を撤廃するとした政府の方針の打ち出し方に、私はどこか違和感を覚えました。

 段階的に社会経済活動のレベルを引き上げる必要があるとはいえ、感染者数が再び増加している中で、なぜそんなに制限の緩和を急ぐのかと。そして5000人というのはどんな根拠で出した数字なのか、納得ができるような説明もなされていないようで、腑に落ちません(注:5000人という上限はその後、感染再拡大を受けて8月末まで延期されました)。

収容人数にかかわらず「5000人まで」という上限に、どのような根拠があるのでしょうか?(C)rorem-123RF

 スポーツによって、会場の規模、屋内か屋外か、換気の状況などは異なります。さらに、選手やスタッフ、入場者の体調チェックや消毒はどのようなルールの下で実施するのかなど、感染防止対策も異なるでしょう。専門家の意見の間にも相違がみられ、不確実、不確定な要素ばかりです。

 そんな中で、一律5000人という数字を決めてとりあえず始めるというやり方は、私個人としては十分な段階を踏めていない動き出しのよう感じられ、「やりましょう!」という前向きな気持ちになるには、かなりの難しさを感じています。こうしたスポーツの再開の延長線上に来年の東京五輪があるのなら、なおさらこうした大雑把な基準でスタートしてほしくなかったというのが、正直な気持ちです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.