日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 スポーツイベントの制限緩和にはもっと明確なルールが必要  > 2ページ目

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 スポーツイベントの制限緩和にはもっと明確なルールが必要

アマチュア競技の選手やスタッフの検査に費用補助を

 有森裕子=元マラソンランナー

 7月22日からは、旅行を推進する官民一体型の「Go To トラベルキャンペーン」が始まりました。直前になって東京都発着の旅行は対象から外れたとはいえ、夏休みシーズンに入り、日に日に増加していく感染者数を見ていると、人々が活発に移動することによって、コロナが一気に全国に広まってしまうことが心配でなりません。

 もちろん、旅行業界や飲食業界などが非常に苦しい状況にあることは理解していますし、関係者の方々の気持ちを想像すると本当に心が痛みます。しかし、今、この状況下で政府が国民の旅行を後押しするキャンペーンを強行するさまを見ていると、「あの外出自粛期間はいったい何のための時間だったのか」と、私の頭の中は「?」だらけになってしまうのです。7月の豪雨災害に見舞われた各地へのボランティアには、感染予防のため規制がかかって、県外からは行くことができない現場もあるのに…。

ゼロリスクの試合は無理でも、ゼロに近づける明確なルールが必要

 私ももちろん、コロナ感染を100%防げるスポーツの試合が開催できるとは思っていません。ただ、感染リスクを最大限ゼロに近づけるためにも、これぐらいの規模の会場では、観客一人ひとりの距離をこれぐらい開ける必要があり、その結果何人までなら収容を認める、といったルールを、分かりやすく共通したエビデンスを基に示してほしいのです。

 また、既にプロ野球やサッカーJリーグなどでは実施されていますが、選手や監督、審判などのスタッフの定期的なPCR検査はマストにして、陰性であることを証明するということはやってほしいと思います。その上で、お客様である観客にも、事前の行動や体調をチェックするといった何らかの策を考えるべきだと思います。しかし現状では、陸上競技のように、活動再開のためのガイドラインは策定したものの、PCR検査の義務化には至っていないアマチュアスポーツはたくさんあります。

 本来なら、そうした検査費用を国やオリンピック委員会、競技委員会等の予算から出してもいいのではないかと思います。PCR検査も含め、細心の注意を払った感染防止策をしっかり立てなければ、もしもクラスターが発生したときに、試合の中止はもちろん、社会全体に悪影響を与えてしまい、その競技だけでなくスポーツ全体への心象も悪くなってしまうでしょう。国内のスポーツイベントを安心・安全に開催できてはじめて、五輪開催の話ができるのではないでしょうか。

コロナ禍にあっても東京五輪代表選手は大活躍

 こうした不安ばかりが募る状況ですが、陸上界では明るい兆しも見えました。7月に北海道で開催された「ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020」(全4戦)では、男女ともに東京五輪マラソン代表選手が快調な走りをアピールしました。

 男子1万メートルでは服部勇馬選手(トヨタ自動車)が27分56秒32の自己新記録を樹立、女子1万メートルも前田穂南選手(天満屋)が自己ベストを40秒近く更新して、31分34秒94で優勝しました。別のレースでは、一山麻緒選手(ワコール)も31分23秒30の自己新記録を達成。また、マラソン代表選手以外でも、女子3000mで田中希実選手(豊田自動織機TC)が見事な走りを見せ、8分41秒35の日本記録を樹立しました。18年ぶりとなるこの快挙は、女子陸上界を大きく動かす、とてもうれしいニュースでした。

 世間の混乱をものとせずに素晴らしい結果をたたき出した選手たちを見て、さすが、いくつものハードルを乗り越えて五輪の切符をつかんだ選手たちだなと頼もしく思いました。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.