日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に

2020年東京パラリンピックが未来を変えるきっかけになるために

 有森裕子=元マラソンランナー

 早いもので2020年東京オリンピックまであと1年を切りました。既に競泳などでは、オリンピックの切符を手に入れた選手もいます。そして9月15日には、いよいよマラソン代表の座をかけたレースであるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が開催されます。

 私もNHK総合テレビで女子のレースを解説しますが、限られた人数で戦う選考レースがどんな展開になるのか、とても楽しみです。ぜひ皆さんも、夢の舞台への切符を全力でつかみにいく選手たちを応援してあげてください。MGCの感想は、また次回以降にお伝えできればと思っています。

 さて、私事で恐縮ですが、今年6月21日に日本障がい者スポーツ協会(JPSA)の理事に任命されました。これまでも、2000年から視覚障がい者ランナーの伴走者として「かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン」に参加したり(関連記事:「有森裕子 見ると誰もが驚く!『パラリンピック』の魅力」)、2008年から「スペシャルオリンピックス日本」(*1)の理事長を務めたりしているので、それらの活動で得られた知見を生かせればと思っていますし、2020年の東京パラリンピックでもお役に立てればと考えています。

 今回は、そうしたご縁を踏まえて、障がい者スポーツについて私が最近感じていることをお話ししたいと思います。

「2020年第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」の採火式の様子です。2019年7月7日、北海道神宮(札幌市中央区)にて。(写真提供:スペシャルオリンピックス日本)

パラリンピックが終わったら、選手への支援はどうなる?

 先日、あるブラインドマラソン(*2)の女子選手とお話をさせていただく機会がありました。実業団に所属する彼女は、世界大会で入賞するなど近年めきめきと実力を伸ばし、東京パラリンピック出場を目指して日々努力していらっしゃいます。

 そんな彼女との対談はとても楽しかったのですが、対談をきっかけに1つ気になったことがありました。それは、2020年のオリンピックやパラリンピックが終わった後のアスリートの生き方です。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見越して、多くのアスリートを雇用し、サポートする企業がここ数年、目立っています。オリンピックやパラリンピックで活躍するためのトレーニング環境を提供してもらえることは非常にありがたいことですが、大会が終わった後に企業がアスリートたちへの支援や雇用を継続するかどうかは決まっていないことも多く、自分はどうなるのかと不安に思っている選手は少なくないだろうと想像しています。

*1 スペシャルオリンピックスは、スポーツを通して知的障がいのある人たちの社会参画を支援する国際組織。オリンピック競技種目に準じたさまざまなスポーツトレーニングと競技会を提供しており、世界大会は夏季・冬季ともに4年に1度開催される。スペシャルオリンピックス日本は、スペシャルオリンピックスの国内活動を推進する国内本部組織。
*2 視覚障がいのある選手が行うマラソン競技のこと。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.