日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に

2020年東京パラリンピックが未来を変えるきっかけになるために

 有森裕子=元マラソンランナー

 実際に、東京オリンピック・パラリンピックが終われば、アスリートへのサポートを縮小する企業は少なくないでしょう。特に、障がい者スポーツは、その影響を大きく受ける可能性も否めません。東京パラリンピックでメダルを獲得しないと、自分の雇用や練習環境がなくなるかもしれないと不安に思っている障がい者アスリートは少なくないようにも思います。

 しかし、残念ですが、パラリンピックでメダルを獲得するだけでは、企業スポーツのありようはあまり変わらないように思います。大事なのは、周りが変わってくれるはずだと期待することではなく、メダルを獲得した選手自身が変わることだと私は思うのです。

ブラインドマラソンの選手は、伴走者のサポートを受けながら走ります。(C) elena castaldi-123RF

メダルを取っても周りは変わらない。大事なのは自分が変わること

 そんなふうに考えるのは、私自身が過去に似たような経験をしているからです。以前この連載でも振り返りましたが(「有森裕子 私が『プロ宣言』で手に入れたかったもの」)、1992年のバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した後、私はマラソン選手としての自分の価値を周囲が高く評価してくれて、目標設定やトレーニングに関する意見も受け入れてもらえるだろうと信じていました。ところが現実はメダルを獲得する前と何も変わらず、思い通りにいかないことが続きました。

 そのことが悔しくて、1996年のアトランタで銅メダルを獲得した時には、まずは自分が変わろうと思いました。そして、自分は「走ること」を生業にすると決め、自らの肖像権の管理など、「走ることで食べていく」ための権利をはっきり主張しました。おかげで年月は要したものの、女性アスリートで初のプロアスリートになることができました。これはメダルを獲得したことで周囲が変わったから実現したのではなく、自分を変えたからこそ、周囲を変えることができたのです。

 パラリンピックでメダルを獲得し、「走ること」を生業にしたいと思う障がい者アスリートがいるならば、自分はこの先、走ることやスポーツで収入を得ようと考えているのか意志を主張してほしいと思います。

 これは、オリンピアン(健常者アスリート)であっても、パラリンピアン(障がい者アスリート)であっても同じです。一生のなかで競技者として活躍できる期間は限られています。その短い期間にチャンスをつかむには、相当な覚悟と努力が必要で、そのためにも、自分が将来どのように生きていきたいのかという明確なビジョンを持つことが大事なのです。

 東京パラリンピックでメダルを獲得した後、パラリンピックメダリストとしての新しい道を切り開いていく障がい者アスリートが1人でも多く登場することを願っています。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.