日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 有森裕子の「Coolランニング」  > 有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に  > 2ページ目
印刷

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子 障がい者が「支えてもらって当たり前」の世の中に

2020年東京パラリンピックが未来を変えるきっかけになるために

 有森裕子=元マラソンランナー

 実際に、東京オリンピック・パラリンピックが終われば、アスリートへのサポートを縮小する企業は少なくないでしょう。特に、障がい者スポーツは、その影響を大きく受ける可能性も否めません。東京パラリンピックでメダルを獲得しないと、自分の雇用や練習環境がなくなるかもしれないと不安に思っている障がい者アスリートは少なくないようにも思います。

 しかし、残念ですが、パラリンピックでメダルを獲得するだけでは、企業スポーツのありようはあまり変わらないように思います。大事なのは、周りが変わってくれるはずだと期待することではなく、メダルを獲得した選手自身が変わることだと私は思うのです。

ブラインドマラソンの選手は、伴走者のサポートを受けながら走ります。(C) elena castaldi-123RF

メダルを取っても周りは変わらない。大事なのは自分が変わること

 そんなふうに考えるのは、私自身が過去に似たような経験をしているからです。以前この連載でも振り返りましたが(「有森裕子 私が『プロ宣言』で手に入れたかったもの」)、1992年のバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した後、私はマラソン選手としての自分の価値を周囲が高く評価してくれて、目標設定やトレーニングに関する意見も受け入れてもらえるだろうと信じていました。ところが現実はメダルを獲得する前と何も変わらず、思い通りにいかないことが続きました。

 そのことが悔しくて、1996年のアトランタで銅メダルを獲得した時には、まずは自分が変わろうと思いました。そして、自分は「走ること」を生業にすると決め、自らの肖像権の管理など、「走ることで食べていく」ための権利をはっきり主張しました。おかげで年月は要したものの、女性アスリートで初のプロアスリートになることができました。これはメダルを獲得したことで周囲が変わったから実現したのではなく、自分を変えたからこそ、周囲を変えることができたのです。

 パラリンピックでメダルを獲得し、「走ること」を生業にしたいと思う障がい者アスリートがいるならば、自分はこの先、走ることやスポーツで収入を得ようと考えているのか意志を主張してほしいと思います。

 これは、オリンピアン(健常者アスリート)であっても、パラリンピアン(障がい者アスリート)であっても同じです。一生のなかで競技者として活躍できる期間は限られています。その短い期間にチャンスをつかむには、相当な覚悟と努力が必要で、そのためにも、自分が将来どのように生きていきたいのかという明確なビジョンを持つことが大事なのです。

 東京パラリンピックでメダルを獲得した後、パラリンピックメダリストとしての新しい道を切り開いていく障がい者アスリートが1人でも多く登場することを願っています。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.