日経グッデイ

有森裕子の「Coolランニング」

有森裕子が注目する、ロンドン世界陸上の見どころ

トップランナーの暑さ対策やコースの位置取りなどをチェックしてみよう

 有森裕子=元マラソンランナー

 7月の終わりと共に、スポーツ界でも世界水泳が閉幕し、舞台は陸へと移ります。いよいよ本日8月4日から、イギリス・ロンドンで世界陸上(第16回世界陸上競技選手権大会)が開幕します。今回は“有森目線”から、ロンドン世界陸上の見どころを少しお話しできればと思います。

五輪メダリストの実力が試される男子4×100mリレー

 皆さんの中でもとりわけ注目度が高いのは、2016年リオデジャネイロ五輪で見事に銀メダルを獲得した男子4×100mリレーでしょう。桐生祥秀選手やケンブリッジ飛鳥選手といった実力のある選手たちが集まった男子4×100mリレーでは、リオ五輪銀メダルという看板を背負った日本チームが、ウサイン・ボルト選手が率いるジャマイカチームや、ジャスティン・ガトリン選手がいる米国チームといった海外勢とどのように競うのかが見所になります。日本の得意なバトンパスの技術やメダル獲得に注目しつつ、そのメダルの色にも期待したいところです。

 男子100mの注目は、サニブラウン・アブデルハキーム選手でしょう。今年6月の日本選手権では、誰が9秒台を出してもおかしくない、かつてないハイレベルの争いの中、18歳という若さのサニブラウン選手が桐生選手やケンブリッジ選手といったリオ五輪銀メダリストの有力候補を抑え、10秒05という自己ベストで頂点に立ちました。

 同選手は200m決勝でも20秒32の自己ベストで優勝し、末續慎吾選手以来14年ぶりの日本選手権短距離2冠を達成。世界陸上では決して簡単なことではないと思いますが、決勝進出への期待や、夢の9秒台への突入といったタイムにも注目が集まるでしょう。

川内優輝選手の豊富な経験と粘り強さに期待

 そんな短距離陣に負けずに頑張ってほしいのが、男女のマラソンです。今年は男女ともに8月6日の同日にレースが行われるという珍しい競技日程。男子のスタート予定時刻が現地時間の10時55分(日本時間では18時55分)女子のスタートは14時(日本時間では22時)とされています。少し驚いてしまう開始時刻で、特に女子のレースでは気温の上昇が気になるところですが、これが日本人選手にどのような影響をもたらすのか、注目してみたいと思います。

ロンドン世界陸上2017のマラソン日本代表選手。左から、中本健太郎選手、川内優輝選手、井上大仁選手、安藤友香選手、重友梨佐選手、清田真央選手。(写真:読売新聞/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ランニング好きな読者の皆さんは、すでに代表メンバーをチェックされていることでしょう。男子の代表は、東京マラソンで日本人1位になり、選考競技会の中で最も速い記録を出した井上大仁選手(MHPS、自己ベスト2時間8分22秒)、別府大分毎日マラソンを2時間9分台で優勝した中本健太郎選手(安川電機、自己ベスト2時間8分35秒)、そして福岡国際マラソンで日本人1位となった川内優輝選手(埼玉県庁、自己ベスト2時間8分14秒)。

 女子は初マラソンとなる名古屋ウィメンズマラソンで派遣設定記録を突破して世界陸上の切符をつかんだ安藤友香選手(自己ベスト2時間21分36秒)、同い年の清田真央選手(ともにスズキ浜松AC、自己ベスト2時間23分47秒)、五輪や世界陸上の出場経験がある重友梨佐選手(天満屋、2時間23分23秒)が出場します。

 男子は何と言っても、市民ランナーの川内選手がどこまで世界で通用するかが見どころの一つだと思います。彼は海外での経験も豊富ですし、練習代わりにレースを走るようなフィジカル面での強さもある。今大会を世界陸上の集大成にしたいというコメントが出ていましたが、プレッシャーはさほどないでしょうから、過剰に緊張することもないでしょう。外国人選手との持ちタイムの差はあるものの、落ち着いて走れば上位入賞、6位以内は狙えるのではないでしょうか。

 ただし、川内選手は自ら「暑さは苦手」と公言しています。今の時期のロンドンは東京に比べると涼しいと聞いていますが、夏の気温の上昇をどうはねのける走りをするか、見てみたいところです。

 また、ロンドンは周回コースなので、最初の1周よりも次の1周がどれぐらい速くなったか、あるいは遅くなったか、といったタイムの変化も自身で把握しやすく、走るリズムやペースが作りやすいという特徴があります。そうした条件下では、トラックレースに強いスピードランナーが有利になる傾向になります。外国人選手がビルドアップで徐々にスピードを上げていった時、そのレース展開にどこまで川内選手はじめ、日本人選手が対応し、粘り強さを見せられるかがカギになるでしょう。

スタート地点のタワーブリッジ。テムズ川沿いの道を走ってビッグベンで折り返す、中心街も交えた10kmの周回コースを4周する。(C)sborisov-123rf

コース経験者と未経験者との“挑み方”を見比べる

 今回のマラソンでは、ベテランと若手がそれぞれどんなレース展開を見せるか、その違いに注目しても面白いと思います。安定感のある男子の中本選手と、粘り強さが持ち味の女子の重友選手はロンドン五輪でマラソンを走った経験のあるベテラン組。今回の世界陸上のマラソンコースは、スタート地点など、一部が五輪の時とは異なるようですが、石畳の路面やカーブが多い街中、川沿いなどを走った感触は覚えているはずです。同じコースを走った経験があるということは、初めてそのコースを走る人よりも、位置取りやペース配分などの攻略がしやすいという強みがあるので、中本選手や重友選手は有利かもしれません。

 逆を言えば、初出場の選手には、怖いもの知らずのレース展開が期待できる“初めてならでは強さ”というものもあり、観戦者にとってはその両方を楽しめる大会になるのではないでしょうか。また、世界レベルの大会でも、コースの位置取りや暑さ対策といったものは、市民ランナーにも役立つものもあるので、チェックしてみるといいかもしれません。

 手の振りが少ない“忍者走り”と呼ばれる走法が話題の安藤選手は、初マラソンで2時間21分台という好タイムをたたき出した選手です。同じ所属先で淡々と走り切るタイプの清田選手と一緒に、ぜひ“初めての強み”を良い具合にプラスに変えてもらいたいと思います。プレッシャーを感じる必要もないでしょうから、これまで経験したことのない大舞台で失敗を恐れず、どんなアクシデントも受け入れる順応性を見せてほしいと期待しています。

 安藤選手、清田選手ともに23歳なので、この大会が競技人生の最終目標になるという年齢でもなく、2020年の東京五輪を見据えているはずです。そうした意味でも、この世界陸上では大舞台でどこまで戦えるか、果敢に攻める気持ちで挑むぐらいが、いい経験になると思います。女子のほうが男子よりも世界とのタイムの差は小さいので、メダルを獲るチャンスはあると思います。

 近年の世界陸上や五輪において、日本のマラソン界はなかなか満足できる結果を出せていません。きっともやもやしているマラソンファンのみなさんも多いことでしょう。だからこそ今回のロンドン大会では、新人とベテランの両者ともにそれぞれよい部分を発揮したレース展開をしてもらいたいと思っています。

 私自身、見終わった後に「見応えのあるレースだったなあ」と言いたいですし、レースの翌日、選手の力走に感動した市民ランナーが楽しそうに走っている光景がたくさん見られればうれしいなと思います。彼らの活躍はほかのマラソンランナーの刺激となり、マラソン界全体の底上げに貢献するはずです。ぜひ3年後の東京五輪につながる走りをしてほしいですね。

陸上の大会に、もっと観客が盛り上がる仕掛けを

 ところで、私事ですが、このたび日本陸上競技連盟の理事に就任しました。2009年以来の復帰になり、任期は2年です。メンバーはマラソン強化責任者を務める瀬古利彦さんや、男子100メートルの日本記録保持者で強化委員長の伊東浩司さん、元男子ハンマー投げの室伏広治さん、外務大臣の河野太郎さんなど。女性は五輪女子金メダリストの高橋尚子さんと私の2人です。

 陸上の現場に立つわけではないですが、陸上競技に関するルール改正や陸連の強化体制、未来のアスリートを育成するための強化方法、2020年の東京五輪に関わることなどを決議するような場で発言させていただく機会があるのではないかと思っています。

 例えば、陸上競技は、競技の特性上、競技場のいろいろなエリアで様々な競技が同時進行で行われていて、観戦する側にとってはワーッと興奮するような一体感が出にくいという一面があります。さすがに、花形種目とされる100m決勝レースのスタート前は、会場全体がシーンとなって一体感に包まれますが、バスケットボールや競泳といった他のスポーツの大会と比べると、いまいち盛り上がりに欠けるように感じます。集客力を高め陸上ファンを増やすためには、アナウンスも含め、どんな魅せ方ができるかといったことを、他の競技から学んだり、関係者が自分たちで今一度見直したりすることが大事だと感じています。

 日本陸上競技選手権では、2016年からパラリンピック選手がレースに入るようになりました。私も今年の大会を観戦したのですが、パラリンピック選手の競技の時は観客の視線が一カ所に集まり、会場に一瞬一体感が生まれました。これはとてもいい取り組みだと思いました。健常者と障害者のレースを同じ舞台で開催すれば、その違いを知ることができて関心も高まりますし、子どもたちを招待してトップ選手の走りを間近で見せたりするだけでも、会場の盛り上がりは変わってくるはずです。

 「日本選手権は世界大会などの選考会を兼ねている大事な試合だから、エンターテイメント性は不要だ」という方もいらっしゃると思います。しかしそんな大事な試合だからこそ、多くの観客の盛り上がりや声援が選手の力になるのではないでしょうか。

 2020年の東京五輪に向けて全力で向かっていく選手の隣で、私は私ができる役割にチャレンジしていきたいと思っています。そうした地道な活動こそが、実は東京五輪よりも大切な、東京五輪を終えた後の社会におけるスポーツの発展につながっていくと信じています。

ロンドン世界陸上・マラソンの見どころ
1 ベテランの経験者としての強みと、新人ならではのチャレンジ精神が垣間みられる走りを楽しもう

2 周回コースでペースアップした時に、日本人選手がどんな対応や粘りを見せるかをチェックしよう

3 暑さ対策や路面、街中のカーブの走り方、コースの位置取りなどを参考にしよう

(まとめ:高島三幸=ライター)

有森裕子(ありもり ゆうこ)さん
元マラソンランナー
有森裕子(ありもり ゆうこ)さん

1966年岡山県生まれ。バルセロナ五輪(1992年)の女子マラソンで銀メダルを、アトランタ五輪(96年)でも銅メダルを獲得。2大会連続のメダル獲得という重圧や故障に打ち勝ち、レース後に残した「自分で自分をほめたい」という言葉は、その年の流行語大賞となった。市民マラソン「東京マラソン2007」でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞した。